Page: 1/206   >>
Pray with Gratitude Full moon 2019/06/17 17:31・・さぁ来い!夏至・・11年振りに注がれたエネルギーに関して 深く謝意を!!

全く持って 特大のエネルギーが 注がれ続けている

4月の満月以降

この連続性は オーバーサイズ的 エナジーは ワーク開始後初!

 

さて 上半期総括には まだ ちと早いのですが・・汗)

2019年は 完全なる 静止・充填から スタート!

当時は この完全に寛ぐ事に 骨を折っていた・・ それ位

自分自身のエネルギーは その時点ですら 外側に向かおう! 自分のコミットメントを

疑心しよう? そういう 観照時期だったが 激しすぎた2018年〜新風2019年の幕開け

この時期の充填の意味を 既に 理解し終えている 現在(これらは 長くなるので別記)

 

4月の 渡米を終えて さぁ 2019年 本当にゼロからどう?この一年〜先を創作しよう!

星の巡りは とても大きい

これは 衝撃 喪失 激転の昨年〜徐々に 水面に顔が上がる・・かの如く 全て

想定外からの ギフト

 

ここではまだ書けない 秋以降の アレコレ

それに 丸で連動するように 一度離れた農園への完全復帰=それが故 

結局 昨年望んだ形での ほぼ通年の就農(応援先の農園との連動にて)

 

まぁ これだけでも お腹一杯なのですが

4月時点では 応援依頼(ほぼ通年)は 入っておらず

昨年の年収を 1/3に落とす! それでも 今年は 金銭対価に魂を明け渡さない!

 

これに オールインをしていた時点で

スリランカの旧友から 連絡が入っていた

彼が 居なければ 2008年 未だ 内戦下の スリランカ・コロンボでの

最後の勝負は成し得なかった(挫折に終わったが 命は残った・・そんな連続テロの場所での3ヶ月)

 

その彼が 11年振りに とても熱を込めて

廃車(トラック 4輪駆動車 トラクター)無いか? 一連の所に行くから!!

 

 

僕がずっと籍を置いている お兄さんの農園には

先輩格の方がいて 常に 可愛がってもらっている・・ その方は 廃車のハイラックス&

トラクターがあり 4月のジャガイモ作業時に その話をした際 OKだよ!となった

 

 

そして 段取りに入った最中

スリランカ・コロンボにて 丸で?2008年を想い出せ!!とばかりの

連続爆破テロが起こり

 

彼らは 出国不能〜親戚数人は被害&入院

子供たちは縁ある シンガポールに一時避難e.t.c.・・で やっと 道南入りしたのが

既に パンクしている応援先での 激しい日々の半ば・・

 

 

仕事を 散発的に休み 空港への出迎え〜写真にて 買い取り価格の決まり終えた

ハイラックスと トラクターのチェックが始まった

この合間は 僕はカボチャの作付けに勤しんでいた

 

 

廃車の輸出関連・・・

この関わりは 12年以来 当時会社をやっていた 名古屋〜富山へ ロシア向けの

搬送を何度か行っていた&所謂 ヤードには派遣を入れて居た事もあるし

今回のチームスリランカとは 付かず 離れず 12年となっている

 

 

11年振りに 再会した 仲間たち

あの2008年の思い出話〜まぁ 震災〜道南移住までのアレコレなど

初日は じっくり時間を取って 話をした

 

11年の間に 彼らの実力も 会社の経営基盤も本当に

しっかりしていた

こちらのリクエストは 8t積車(ユニック付き)で 名古屋〜青森陸送(函館はフェリー)

11年後の彼らは 飛行機でやって来た

 

どうやって運ぶのだろう?

まぁ 見物だな・・・の 数日後 近隣にて 4トンダンプ二台を購入してきた 驚)

まぁ 天晴れ!

 

 

しかも?? 運転手足りないから

一連頼む 搬送を手伝ってくれ・・ 爆)

こちらで 陸送会社手配〜配送の段取りは?? でしたが

まぁ 応援先での休みは 取れるので 付き合う事に!

 

 

手ぶらで来た 二人は 人懐っこい顔 立ち振る舞いで

応援先も 自分の農園でも人気者

リフトからバッテリーから 何から 何まで 借して貰えた

天運の強い 奴等だ 驚)

 

 

予定昼過ぎ出発だったので 半ドンの激しい作付けを終えて帰ってきたら?

ダンプの書類不備〜まだ 積み付け終わってない(こんなイレギュラーは大した事ない)

それ故 オーナーである先輩の助力を得つつ 芸術的積み込みを手伝った

こんな作業は 人生で始めての 先輩は ただ驚き 最後は感嘆していた

やはり 職人技とは 凄いものだ!!

 

 

そして 搬送開始!

まぁ エアブレーキは効かないわ 警告アラームは成りっぱなし

そりゃそうだわなぁ 廃車予定=数年間放置されているダンプを最低限の

走行チェックのみで 買い 運ぶのだから・・ しかも 僕がハンドル握る方は

トラクターが鎮座していて まぁ 不安定飛び越え・・でした 笑)

工程の半分を走行していたら 赤い方のダンプが ふらふら減速から 路肩に突っ込んだ・・笑)

 

 

ブレーキオイル漏れ〜ギアオイル辺り??

まぁ 走行中の故障にて 本来 日帰りでの 苫小牧搬送は この時点で

宿泊決定!

彼らの豪運と アドリブ力には ただただ驚かされつつ

予定 19:00着の 苫小牧には 22:00着となった 笑)

 

 

車での寝れば済むだけの事(フェリーターミナルですし)・・なのに

わざわざ 宿を取り 労い・・ 笑)

こういう 所作が ステレオタイプで 外人がぁ・・には至れない部分

 

多くの国 

多くの場面で 10数年前 体験し続けてきた 懐かしさ!

 

 

やっとの 荷受・・けれど??

ワイヤー固定無しゆえ 結局 後日 ワイヤーを再度装着へ!爆)

しかも その作業は 僕 満月のこの記事が上がる前に

又しても 苫小牧往復へ!!

 

 

昨年の震災派遣以来 何故か?この苫小牧来訪が続けている

先の 満月奇跡の旅も同じく

 

多くの川が足元を流れた

12年前の自分は 会社の切り盛りの為 コミッション収入の為だったが

12年後の僕は 今年 統合と同じ熱量で意識し続けている 「陰徳」の為

 

テロ被害の親戚へのお金

シンガポールに逃がしている子供たちへのお金

 

今回の都合4台が 少しでも 役に立ってくれれば それで充分

けれど 断り続けていた コミッションは 結局振り込まれていた・・

 

儀の為に!

移住後の軸点は そちら ・・ けれど 昨年は それら全てが 向こう側から 唾を吐かれたし

2019年は 全く 新しい流れ 風を受け 本当の意味で 儀のみ!!で

奇跡的な 日々を送っている

 

昨年の今頃 全く 想像していなかった流れ 自分自身

何よりも 今回の チームスリランカが 僕に授け 開眼させてくれたのが

 

「忘れていたエネルギー」

 

12年前は 盲目ゆえ気付けなかった事を

完全掌握しつつ 全く 同じ事を行い終えてみると??

 

12年の輪は 綺麗な 円となり

還流し終えていた・・・ 正に 天運・天恵の実証!

 

まだ これで 上半期かぁ

もうお腹一杯なのだけど ここから エナジーワーク丸五年やら

収穫繁忙期 2農園やら 秋以降の 新たなる挑戦やら

ドミノ倒しの ドミノは 並び終えている

 

下半期の回想を

どんな 僕が 冬至に書くのか??

ワーク開始以来ほぼ 連続 9時間での 裸足作業やら

直感が 黒くなれ!!で 短パン一丁にて 人生至上 最黒の身体

まぁ 何かしら 下半期に その直感の意味を手にしていくだろう!

 

射手座木星の今年

その射手座の満月! 無事 苫小牧往復を終えているかな??

 

有難う 天運

有難うチームスリランカ 又 秋に 数台送りましょう!!

 

森羅親愛合掌

 

| 渡辺一連 | 06:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray for Nothingness 新月2019/06/03 19:03・・さて 2019年折り返しへの深き祈りを!

多忙期 大地・・

応援先農園

 

新しいリズム

けれど 身体は 大地を喜び 受け入れている

潮風に 懐かしさすら感じる事なく

 

 

かなり 激しい日々の為

全ての 祈りの 一文は こちらに!

 

入鄽垂手 からの発露・・・改めて 入鄽垂手 新しい風ばかり吹き続けている 4月の満月以降

 

2019年 渡米へと 導いた 壮大なビジョンを

注がれた夏至がやってくる

 

昨年 全く 想像すらしていなかった 応援先農園

けれど 注意深く 体感すると?

 

やはり 想像 → 創造されていた

 

 

大好きな 大地と 半年以上 たっぷり接する事が

この応援依頼以降 確定済みとなっている

 

やっと 移住時 心底望んだリズム

 

動の季節 = 大地

静の季節 = エネルギー伝播への 諸々

 

これが 紆余曲折を経て 確定され終えた

 

レオ君という 新風

釧路・厚岸・鶴居村 満月トリガーで 満月たっぷりのミッドナイトドライブ1100km

火山でのアースウォーク 半日以上の炭 超絶足湯 (全て 意識し続けている 火のエレメント)

 

全ては 注がれ続けていえる

注がれる場所は 昨年の冬至にて空っぽに 明けているので!

 

 

満月にも 又書くだろうが

書いておこう!

 

さぁ 来い! 夏至

準備は全て 整い終えている!

渡米ビジョンと 同時に 注いだビジョンを 具現化せよ!!

 

2015/01/15 全ての 基点 ホーチミンに向かう前から

今も尚 ON&ON

 

 

さぁ ON&ON・・・心を震わす「頌歌(ANTHEM)」

 

 

 

I'm lookin for a one & Only destinetion ・・・何時でも・・・
Sometimes I feel like swept away in the Circulation  ・・何処までも

Look back 
Feed back
戸惑う俺が今日も・・ 嘘をつく・・

I go
I gotta go・・・

答えの見えない My midnight fright 

孤独に 飛び込め!!独りで駆け抜けよう・・・・
恐れるものはない 心の声を追いかける


Yes I hungry like the wild Fire
この身 焦がして 辿り着く日まで・・ On&On
Riding on the Burning Wheels
留まる事など 死んだも同じ 
It's my way of life

On&On&On&on・・・

 

森羅親愛合掌

 

 

 

| 渡辺一連 | 05:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray with Gratitude Full moon 2019/05/19 06:12・・昨年最大の喪失から こんな喜びとの再生GIFTを受け取り・・

昨年 3月は 本当に激しい 一ヶ月だった

しかも その月は 満月が二回もあった ブルームーン

しかも 年始 1月も ブルームーンと言う 奇異な年=2018年 

喪失で始まった年始の

丸で 天界から仕上げ!!として 持ち去られたのが 愛猫ミャコ

もう この年 ボロッボロのKey Fact は この喪失から立ち直れず・・の

波紋が 全てでは??

 

思い出話は 井戸端会議 爆)

唐突に与えられた 数知れぬギフト(天恵) どっさりの2018年

この解体〜脱構築〜再構築への 道 その序章が 今年!

思い出話とは 異次元 笑)

 

そんな中 やはり 昨年は唐突の喪失

今年は? 本当に唐突に新しい家族の来訪 驚)

 

 

まぁ 結局 1年以上 喪失の悲しみからの足抜けは

出来て居なかったのは事実 特に ミャコの死を 

ここまで背負い続けるなんて 昨年は 波乱過ぎる中 意識出来てなかった

年末近くからかなぁ 本当に 居ないんだなぁ ミャコ・・みたいに・・悲)

 

 

そして 一年後の 今 ここ

浜からは 完全離脱し終え

今年は 農一本 + αの 前哨戦 開始中

真っ青で 純真・純朴なマナコの子猫 レオ君がやって来た

うちの玄関に捨てられていた ぼろっぼろに痩せこけたミャコとは

全く違う流れにて・・

 

 

生後一ヶ月弱

買い手が見つからなかった・・ そういう流れで・・

まぁ 人生二回目の 赤ちゃん??猫

 

 

思い出すのは 20代前半の日々なのだが

このレオ君 全く 予想に反して

トイレは 1日で覚え そそうもしない・・

 

 

身構えていた 自分が 恥ずかしくなる位

まぁ 手の掛からない 子猫 驚)

そして 目があうと あの 真っ青なつぶらな瞳・・

そりゃ メロッメロになりますわな 笑)

 

 

そそうは 全くしないが

老猫とは 全てが 異質・異次元の弾けるエネルギーは

自分の生活に 多大なる貢献をし続けてくれている!

書斎周りの椅子に 飛び乗るものやっと 〜 何度 落ちても

初志貫徹にて 三日目には 気付けば 膝にチョコリ

 

 

椅子から 窓際にも どうだろう?

50回は 届かず 転げ落ちたかなぁ??

けれど??

 

 

3日目には 何事もなかったように

窓際へ ジャンプ!

まぁ 褒めてくれ!の懇願にはたっぷり付き合いますよ

これは 当然の事

褒める力・・ 日本社会から 喪失した力でもあるので

レオ君との日々にて 自分が忘れていたモノも どんどん取り返し続けています!

 

 

小さな命

そして 未曾有の好奇心

爪を研ぎ続ける 成長力

 

これらの 純真・無垢なエネルギーは

みゃこ〜自分への 天界からのギフト!

 

感動を忘れ 何でも 無気質に暮らしてける

システム&パッケージ&マニュアル社会・・ そこからの決別 6年目

森羅共鳴に ALL IN 5年目

天体完全共鳴にて もう直ぐ 半年

 

農 一本は 安定とは全く無縁

年収を 1/3以下に落としての ある意味大博打

けれど 昨年は 安定の為に・・と 姑息にも動いた分

まぁ 本当に ボロッぼろになっているので

 

レオ君同様 初心貫徹 原点回帰!

7月の繁忙期までは 文武の 文! 雪の消えた時期だと

5年ぶりだなぁ・・も 近隣農園応援要請が入り 結局 武に

 

間違っても 間抜けのように 「自分が引き寄せた」など

ゼロ・・ それも この5年間で体験済み

 

もう体験する事ないなぁ・・・位

臨死から 大怪我 鶴首から 渡米やら もう アレコレ

7月まで 時間もある事だし 総清算だなぁ・・も 秋以降へ!

 

芸は身を助ける

現在は 原点の農園から 依頼を受けて 完全パンクした近隣農園にて

5年分 身に着けた芸が その農園を助け続けている

 

 

一緒に開花を楽しもうね!の

葉っぱちゃんが 落ちた時も 凹んだが・・ 今年の開花時期

小さな声を聞いた

 

「同じ根源(ソース)に還っただけ

 この花の 何処かに 私が居るのよ!!」と

 

狂っちゃいませんぜ!!

聞いて見たければ 雨の日も 雪の日も

何があっても 毎日 5年間 一本の樹と 繋がり続ければ

誰でも 聞けますので 大爆)

 

今回の満月は 内なる火に着火!

そして ミャコ〜レオ君

農園〜パンク農園

 

全ての 天恵ギフトに深き 謝意を拠点地を離れて

捧げていきます!

 

当たり前ジャンから 一歩離れて もう6年

全ての出来事が 全く 当たり前ではなくなっている2019年年始から

その加速度は 夏至以降 更に上がっていく事 気配を濃厚に感じつつ!!

 

改めて レオ君を 運んできてくれた ミャコ

本当に有難う! 人生で一番愛した二匹目の猫・・ これは 揺るがず

けれど レオ君と 原点回帰的 再エネルギー充填をさせて貰い

秋以降 本当の自分へ・・ 加速度を上げます!

 

本当に有難うミャコ!

 

 

You Know What to Do

 

森羅親愛合掌

 

 

| 渡辺一連 | 06:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray for Nothingness 新月2018/05/05 07:46・・4/5新月付近でダウンロードされたビジョンと共に 祈りを!

無料記事)入鄽垂手 からの発露・・・似非スピと言う功罪 エネルギーに正邪振り分けをする ある意味創造主を超えた!

                 と宣言する意味とは??

 

無料記事)入鄽垂手 からの発露・・・不均整な身体が 生み出す 不均整な波動とは???​


 

2015/01/15

「騎牛帰家」へ・・・ 手探り 体当たり そして ロジック・スキーム・マニュアルと言う

換金目的あり!の マインドゲームからの決別開始

 

 

2016/11/20

「忘牛存人」へ・・ この年 南インド〜ホーチミン2回 4月には 人生至上最大の激痛と向かい合い

          その入り口〜出口の観照を 森羅を通して行い 「あぁ そういう事か?」を

          当時なりに 深く受容した年

 

 

2017/12/12 人生を根底から変える出来事をギフトされる 気配は「沈黙」として

       サインを出していたのだが エナジーワーク丸三年の達成(通過点)にて

       一部慢心状態 = 「エネルギー還流の法則」 この絶対性にて 

       特大のギフトの種を

       自ら植え 自ら収穫した年 この出来事が 森羅共鳴〜天体共鳴の入り口

 

 

2018年は 通年が 激変・激動・喪失の オンパレード

     人生初の連続RUSH  そして 「自分自身ととことん向かい合う」事に関して

     仕上げの年となり

 

 

 

                「入鄽垂手」

 

 

2019/01から 全ての事象は 手放しへ・・

米国の3週間は 冬至に注がれた エネルギーの昇華・仕上げ

ワーリングも この米国が 最終章となり 帰国後 それまでの

1/5以下の時間も 回転できず 転倒・・ なので それも手放した 笑)

 

現在 冬至にダウンロードされ 今なお 継続しているのは?

 

正座 合掌正座と立禅

ツリーハグ時に 1-7へと イメージしつつ ハミング(森羅=意識共振)

慢心で 迎えた 丸3年は まぁ とても激しいギフトを伴い 揺さぶりを掛けてくれ

体験項として 言葉遊び出来ない

 

「エネルギー還流の法則」 そして 2018年全般 対価を得る為に 動いた定置引き網やら

新規農園への移籍・・も やはり 入り口が 「損得勘定」だったので 結果は??

書くまでもなく・・ 上手に出来ているものだなぁ プログラマー(創造主)の 源泉側からのシナリオ

これを 心身を通し 泣いて 悔やんで アレコレ・・を経て

それまで 自分自身でさえ 一部 言葉遊び的だった 「尊徳無勘定」 完全受容となった

 

自分自身が 自分自身に 完全に寛ぐ

そんな絶対安寧・・・ 手にするまでは 常に 外側に探していた

意識を 意識し続けて 今年の秋にて 丸五年 それでも 昨年の冬至前までは

絶対安寧か??と 聞かれれば 否・・・

 

創造主=源泉側のエネルギー

産まれる前に居た場所で しかも 現在進行形にて その場所に還る旅路=日々 一日

 

 

来月の夏至に向かい 上半期再点検を

遠回りばかり・・で やっと 気付きと共に 出戻った??

そんな 愛してやまない 婆ちゃんとお兄さんの農園にて

「文武両道」

・・として 行って行こう!

 

4/5に ダウンロードされたモノ

「コツを掴め」

4/11木星逆行前日に 木星極のオーロラの夢と共に

ダウンロードされたもの

「本物であれ!」

 

通年のビジョンは 大概 年始に得終えている

このリズムが変わったのが

昨年 11月・・ この月も 木星が動いている中

「統合」と言う ビジョンをダウンロードされていた

 

「統合」は コロラド3週間〜その昇華 Till 4/19にて 終えた

 

2019年 上半期前に 再度 ビジョンの再点検をして行こう

深い祈りと共に・・・

 

・自己否定の完全排除〜完全な自己容認

・2017−2018年のビジョン おさらい(2018年末に追加されワークを通して)

・統合

 

このビジョンは 仲間と焼きたて ふっくら膨らむ

お餅を 頬張る・・ そんな 初夢と共に ダウンロードされている

 

夏至前に 

・ コツを掴む(昨年のパターンを掴め!の仕上げかなぁ??現在全身全霊にて精査中)

・ 本物であれ!(完全自己受容が入り口・・それだけは体感として手にしているが

         多分 今年 冬至頃 特大のスパークと共に 受理すると察している)

 

 

5年間 一切ぶれず

兎に角 真摯に 外側の 「損得勘定」的 ノイズ

マインド全盛の世間からの決別と その総体の観照継続

所謂 シンギュラリティーは もう超えている世間

マージナルポイントも 同じく

 

敢えて 横文字を使った意味は 運営Blogに

答えを どっさり 書き終えていますので 笑)

 

ここから 7月の 収穫繁忙期まで

毎日 5年前の自分と 5年後の自分の 対話が

大地の上にて 繰り返されていく

 

初心を忘れるべからず!

そして 絶対安寧は 内側から溢れて来るもの

 

森羅のエナジーに

天体共鳴が 共振し始めて・・ もう直ぐ 半年

 

ワクワクしつつ

楽しみながら

 

昨年の 喪失やら 苦難を 洗い流していく 旅を

楽しんで行こう!!

 

 

Celestial energy ・・

 

森羅親愛合掌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 渡辺一連 | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1990年代では全く感じれなかった衝撃・・・流石 巨大ラジカセをウォークマンにトランスフォームさせた国 驚)

1980年代 HM/HR 全盛期

すっかり やられていた・・・ Billy Joel を聞いていた中坊から

所謂思春期(これ死語なのかな??)へ入りだす頃・・

 

RockとBlues 

 

早熟すぎて 暴走族も何度も誘われては断り

何より 徒党を組む 幼稚さが嫌で 嫌で仕方なかった

 

最高でも 6人位まで・・が 当時から 今も・・の

所謂 集団の限界 これが 自分自身の個性なのだろう

某・一部上場企業時代は MAX10人だったが 部下・先輩・メンバーに恵まれたし

ほぼ終日は 現場で部下と二人・・ なので 11年間も リーマン生活が送れたのだろう

 

自分のような 特異性の高い 個性が

良くもまぁ リーマンを 11年も出来たものだ・・と 今は褒めて上げている

 

Rock & Blues 一辺倒だった 自分には 空白の10年がある

丁度 それが リーマン時代と被る

ミレニアム前後まで あれだけ 毎日の HM/HRが あっさり 生活から

抜け落ち・・

 

その変わり 衝撃から 一気に・・が 当時のNasやRoots LostBoys 等の

Hip Hop の 日々へと スライドしていた

歌詞が 頭に入らない あのリリック・・ 何度も 歌詞カード(当時ダウンロードは存在せず

全てCD購入の時代)と睨めっこして・・ お陰で その頃覚えた 英語語彙は多い これ恩恵!

 

別に洋楽・西洋被れ・・では無いが

同時に 西洋モノまね?系の J・Hip Hopも 出ていたが 兎に角 糞だった

ファッション先行 イメージ先行・・ 一番熱い時期の East & West のHip Hop(rap)を

聞きまくっていた自分には J・Hip Hopは ただただ 学芸会レベルにしか聞こえなかった

 

唯一 耳に 残っている 当時のJリリックは これ と

 

「俺は東京生まれ Hip Hop 育ち ・・・」

 

 

何故か? だよね・・ 大爆

 

 

所謂 物まね限界系・・ ステレオタイプHip Hop

まぁ 当時の日本人も 過去の物まね=海外ビートルズ 日本グループサウンズ 同様

プロダクションも 必死に ・・ だったのかな??爆)

 

 

 

そして

20数年 流れた・・

 

 

 

 

2006年前後に Anthem 再結成アルバムを偶然手にしてから 又 Rockへ・・

けれど 1980年代の 熱量ではなく 何だろう? もう一生付いていきます!見たいな?

尋常ならざる体感と共にの Anthem・・ これは 何度も書いてるので 端折り!笑)

 

そんな自分が・・・

2019年 米国帰国後に 若きエネルギーを注がれた

ある意味 突然の 来訪〜奇跡的な 数日間

 

30歳を 知らない訳ではない

もう 10年も付かず 離れず 30歳の波動は体感し続けているから

けれど 今回のエネルギーは 塩と汗 そして 大地の香りがする エネルギー

所謂 同類型の エネルギー

 

これは ある意味 スパーク的に 完全全身全霊で共鳴している

まるで・・ 1990年代を 思い返せ!!と ばかりに・・・

 

 

何だろう?? この衝撃的な スパーク・・体感

そう 1990年に 初めて 聞いた Nas(今はもう腑抜けだけど)の あの時と

全く 同質 驚)

 

余り 人から 天才・・を 感じない

 

世の中も 人もある意味

プリインストールソフト(所謂個性)は 幼少時代からの

水商売の関わりにて 早熟&全て斜め見・・

そして それに相反して

とても 純粋・純真なハートを持つ 自分故

 

全く反対極を 同時に オペレートする この感性に何度

2018年冬至まで 苦しめられてきただろうか??

 

あの日

あの時 

この R-指定の 日本語の使い方・・に 20年前の ある意味物まね系

J・Hip Hopから 20年の 凄まじい 変化・成長を感じさせられた 

 

言葉で この 衝撃等 説明できようもない・・・

ただただ 「あぁ 天才登場」 それが ハートを爆発させた

 

感動できる ハートが 50歳でも 脈打ってくれている

これほどの 喜びは 中々・・ないし

世にある 換金可能な感動とは 全く 異質である事 

もう 伝える相手も 分かち合う相手も 居ない 同年代・・・

所謂 劣化へマッシグラ

(感性のお話ですよ!稼ぎに関しては 皆素晴らしい収入=善で

活きていらっしゃいますから 爆)

 

犬と 人間の 大きな 違いは??

 

感動し

そのエネルギーで 興奮したり 瞑想したりする事

 

自分は 犬には成りたくないので

常に 二本足で その感動を受け取ってくれる 身体を徹底的に均整に!!

そして 劣化ではなく 受信幅を広く 高く・・での 5年目 ある意味 修練・・・

 

天才は 素晴らしい

けれど?? 萎えていく 男ばかり 爪を研ぎ続けるという 本来の男性性を放棄〜

デブに成り下がり 能書きと 収入 持ち物で 丸で 人間の優劣が決まるとばかり・・の

欠伸しか出ない 会話ばかりの 40代UPの皆様とは 全く 正反対のエネルギーで

ビンタしてくれたのが

 

 

この男 Anarchy

塩 汗 今社会から 急激に喪失している 「男性性」と

衰退激しい 日本 = このVTRからは 1990年代の ゲットーを感じさせられている

公共団地が ゲットーそのものになった時代かぁ

これは 1990年の自分では 全く予想すら出来なかった 

ある意味での ブラックスワンの嘲笑だった

 

 

日本の片隅が

サウスブロンクスやら ゲットー化してるのか??

デジャビュか? 現実か??

この リリック・・ あの頃の物まね ファッション J・B boys では 叩けなかったろうなぁ

世の中がまだまだ バブルの余熱でサーフしていたのだから

 

塩より ティラミス・・・

そして 中性子化する男たち スイーツ男子に グルメ談義おじさんかぁ

全く 同一線上凹)

 

 

「喧嘩売る前に 己に 勝て!!

 世界戦争 丸腰でやれ TVの前の子供に見せちゃえ!

 ゲットーBoysがお洒落して出かける ファッションなんて ただの見せ掛け

 タバコじゃなくて ケツに 火をつけろ!!」

 

・・・・・・・・ 

 

Oh my F+ckin God・・

 

1980年代 Japan as No.1 の時代

サウスブロンクスの あの馬鹿デカイ ラジカセを

何と ウォークマンにさせた国

 

 

 

 

 

 

30数年 今 ここの 日本

その現状と その先の道を 体感から 自覚している人間は

一体 どれ位 残っているのだろう??

 

20年振りの 汗・塩・男性性にて 張られたビンタ

 

己に 勝て!!」

 

了解したよ!! 若きエネルギー達!!

 

しかし 凄い時代に突入したもんだ

 

「ありえないなんて ありえない」

 

確かに そこ等中から

黒い白鳥の 嘲笑が 聞こえている・・・

 

 

 

 

 

| 渡辺一連 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
狩撫麻礼氏 逝去後の映画・・全く想定外だった「ハードコア」そして改めてR.I.P Unchain狩撫氏!!

 

「腐っているのは 世の中なのか?

           俺たちなのか??」

 

 

確かに 平成の奇書・・・狩撫世界観ぶっちぎり・・の「ハードコア」 上巻

確かに 平成の奇書・・・狩撫世界観ぶっちぎり・・の「ハードコア」 下巻

 

まさか?? 確かに「奇書」が 映画化されるとは・・

 

2018年 浜からのアレコレ・・で 移住後初 路頭に迷った時期

追い討ちを掛けるように 狩撫氏が 逝去された・・

壮絶なる 2018年 移住後初 生き抜く・・だけで 精一杯

狩撫氏を やっと 弔える・・なぁ の冬至明け頃 

 

奇跡的に 狩撫氏のDNA継承者であり  盟友 たなか氏に 救われて 激動の一年を締め終えた

新たなる胎動 前編・・リバーエンド・カフェ たなか亜希夫 一年の締めくくりに年始の哀しみを昇華させてくれた流れに感謝! 

新たなる胎動 後編)・・リバーエンド・カフェ たなか亜希夫「又 あの日を迎える前に」 

 

 

時は バブル期 

香川県の多度津町の 喫茶店で 衝撃の出会いをしてから

もう 30年・・・

30年間も 愛し続けてきた 劇作家を 年始からの立て続けの 喪失感を

癒すのに 結局 先のコロラドから帰国するまで 正直掛かっていた

 

中には 名古屋での PTSD(多分 世間ではそう言うだろう・・が自分には自覚さえ出来なかった)

ミャコ飯山恩師喪失の 張り裂けそうな 痛み・・

 

 

映画 ハードコアは 良く出来た作品だったが

やはり 現代人(所謂あちら側)故・・ むにゃむにゃ・

けれど? 韓国版 オールド・ボーイは 充分抜いていたので

決して 悪い作品では無かったです・・

 

狩撫氏は 浅田次郎氏のように 映画化のアレコレには 縁が薄かったのかな??

浅田氏は その点 運の良い作家だ・・と これも運かぁ 

 

 

「マトモ(世間と迎合しロボットになるのが)一番」

 

アルバイター → フリーターが 徐々に出始めた バブル期

世は 金 物 見栄え・・に 狂乱して行った・・そして ボーダーの三人は

全く 正反対側で 

 

「自由と言う リスク」を心底深く 理解し

こちら側・・で 狩撫節を 作品内で 炸裂していた・・

 

 

リスクを負わず

世間の目の中で生きてきた 39歳

その正反対 41歳の 蜂須賀・・・

 

50歳になり やっと 分かりだしてきた

 

イッタイ マトモ ッテ ナンダッタノカ・・・・・を 悲)

 

これは 頭で理解したり

人から聞いて あぁ そうか・・(まぁ三日も持たず忘れるだけ 爆)

 

ただただ 年を重ねてきて からこそ

見えて来る 感じれる 言葉で分かった〜胎に落ちての成るほど!!

それが こちら

 

 

もう 必要最低限のモノですら 溢れ返っている日本

それでも 資本原理はモノを売らねば・・

 

愛??

 

そんなモノ邪魔だよ! 利益にならないし

添加物やら 外国では禁止の薬剤も 使えなくなるでしょ!!

 

モノを売り続けるには

CMで 比較を煽り イメージ操作し モノ金・奴隷を作るのが 善!!

一時間には 一度位で グルメ情報を流し

CMでは 痩身薬を売る!!

 

 

大丈夫 もう このモニターの向こうで 呆けている視聴者なんて

奴隷化を終えてあるから センセーショナルなゴシップを 恣意報道して

炎上・・

そう言った 得体の知れない 興奮は 食に走るから はい!グルメ情報〜の

添加物たっぷりの 冷凍食品のCMで デザートのCM 最後は 胃腸薬!!大爆)

 

まぁ 狩撫氏の 設定した バビロンシステムとしての

あちら側は あれから 更に狂乱も増し 

 

さて・・

もう 狩撫節は聞けない・・

 

 

「狂っているのは 世の中なのか?

           俺たちなのか??」

 

 

ブラウン管の向こう側 

カッコつけた騎兵隊が
インディアンを打ち倒した 

ピカピカに光った銃で
できれば僕の憂鬱を 

撃ち倒してくれればよかったのに

 

神様にワイロを贈り 

天国へのパスポートを
ねだるなんて本気なのか? 

 

誠実さのかけらもなく
笑っている奴がいるよ 

隠しているその手を見せてみろよ

 

生まれたところや皮膚や目の色で
一体この僕の何がわかるというのだろう


運転手さんそのバスに 

僕も乗っけてくれないか
行き先ならどこでもいい 

こんなはずじゃなかっただろ?
安っぽい神様たちが 君をメクラにするだろう

 

まぶしいほど青い空の真下で

 

青空の真下で青空の真下で
青空の青空の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 渡辺一連 | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray with Gratitude Full moon 2019/04/19 20:13・・春分に捧げた感謝を 再度(天秤座二回連続満月の奇跡)!!

Pray with Gratitude Full moon 2019/03/21 10:43

・・19年ぶりに重なる満月と春分のこの日にビジョンの現実化に感謝を!

 

 

米国帰国から 数日・・

やっと・・拠点地に 帰還したが 中々 氣に関して

米国到着時の あの調整とは? 質的に違う 調整に手を焼きつつ

迎えた満月

 

天秤座の満月

 

そして・・ 

 

50%

50%

 

どちらの選択をしていても 動き出す事は同じ

そういう ある意味 諦観を持ち 祈った 新月を経て

迎える 平成最後の満月は??

 

とても 珍しい 満月となる 所謂ブルームーン

今回のブルームーンは 満月が月に二回・・ とは違う

(移住後 このBlogでも 何度か感謝を捧げていますし)

 

直近で思い出す 事象連動が高かった ブルームーンは??

激動激変だらけの 2018年!!

1月も そして・・ 3月

何せ? 2011年 や 離婚時 同等以上に 決して一生忘れない

出来事だらけの 年だったので・・しかし 一年に二回も 一月内に2回の満月 驚)

 

今回は?

占星術上のブルームーン

何故なら 又しても 天秤座での満月 

 

 

移住前の 陰謀論には熱心 

けれど 心身全て 不均整なマインドを抱えていた 自分なら?

 

「は?? だから 何なの??」

 

けれど 2017/12/12以降

知った 土星の山羊座入り 〜 先の 水星逆行=帰国不能

まぁ 森羅とのエナジーワークも5年目に入ると??

 

森羅共鳴=天体共鳴

 

当然だよなぁ・・

 

10年前の 自分では 全く 予想すら出来ない 自分自身となっている

 

思想とは?

経験の積み重ね それを 脱構築しては 再構築をする

この 骨の折れる 自己内観と 連動事象の解明・・から 導き出される

一生 闇を招き入れない 意識のともし火

 

 

新月の時点では 手探りだった

2019年の グランドデザイン(ビジョンは 2018年夏至・2019年冬至と

しっかり手にしているが・・事象が連動せず 困惑していた)が ようやく 完成したのが

新月を超えて・・ 丁度 道半ばの 奇しくも上弦の日 しかも 山羊座の自分には

色々 影響高し・・の かに座だった 驚) あの週末前後にて 全て散乱〜整い・・へ

動き出し

 

その上 一昨日

2018年に 泣きながら離脱した 大規模農園から 連絡が入り

本当に 紆余曲折 波乱万丈 驚天動地 e.t.c.・・・

それは 本来なら 今年 代の継承を終えていた ホタテ稚貝の仲買・・けれど??

又は 今度こそ!10年! そう決めて 参加した 定置引き網漁師(先の北海道大地震にて

潮目が行き成り変わり)

その上で 農園移籍したが?? まぁ もう 本日にて 書くのはよそう!!

 

2018年 その壮絶なる 丸一年を超えてみて・・・

 

「今 ここ」 の 自分は

移住初年度以来 5年ぶりに 春の入り口の大地や 芽吹きだす木々 花々の

エネルギーを貪る様に ボリュームUPした 1万歩アースウォークを楽しんでいる 驚)

 

 

全ては 「円(縁)」

本当に 紆余曲折あり過ぎた 5年間だった

望んだものが どんどん 具現化されつつ

望み 全身全霊を賭した この大規模農園以外は 全て向こうから

縁を切ってきた・・・

 

復帰初日

樺太から ソ連軍の 猛烈な水平射撃にて 友人を目の前で失いつつ

帰国〜開拓と呼ばれる このエリアに 「食う」為に嫁いできた 婆ちゃんが

ひし・・と 自分の手を とても 力強く握り 言った

 

「もう 何処にも 行かないでけろ」

 

・・・不覚にも 号泣した

これは 婆ちゃんも 泣いている 自分自身が驚く位の号泣だった・・

 

ここ最近 自分自身が 運営しているBlog

You Tube

そして リライトを終えた 作品

 

全てが 「予言の書」だった・・と 深く気付かされている

 

入鄽垂手 からの発露・・・最近胎の底から泣いた事ありますか??号泣と言う至高の浄化メソッド

 

想像→創造

普段の意識・言動・行動 → 手にする現実の全て

 

0から始まり0に還る 「円」

 

量子力学の徹底的リサーチ

超・古代文明の徹底的リサーチ の 意味も 還流を終えた

そのお陰で 爆発的に 英語語彙も この5年で増えている恩恵も合わせて・・

 

意識と身体

 

これは 言葉遊びの 似非スピでは 解明できない

全て 実体験ベースの 5年間にて 突破を終えている

 

ある意味 全ては 揃った

そして 大好きな 大規模農園にて 収穫前作付けから

参加している 自分は 移住初年度の 「手探り」と「慢心」の波動を纏っていた

45歳の自分とは 別人となり 

 

脚下照顧的に 5年ぶりに 「実り=収穫」までの 全プロセスに再参加となった 春

 

 

これ以上の 奇跡はもう要らない

収入ベースは 一気に 又 下がる・・が もう 怯えもない

何故なら?

 

全て 天の理に 損得勘定ではなく

尊徳無勘定で オールインを始めた 2015/01/15からの

壮絶なる 丸4年間を経て 流れが 原点回帰として 元いた場所に

別人となった自分が 立たせてくれているのだから

 

ここから 夏至・秋分 

そして 最終ラウンドの冬至

・・この時期 山羊座は 乗るか?そるか?の今生最大の天体イベントを受け取る

 

さて ワクワクしていこう

5年前 まだまだ 不均整だった心身は

全身に エネルギーを分配する 全血液も 地氣・天体・木々のエネルギーだけから

造血したものに 入れ替えを終えて 又 0から0への 旅を

大好きな大農園と共に 始めていくのだから・・・

 

Rising Force
(湧き上がる力)



Out of the darkness the voices are calling
闇の向こうから声が呼んでいる
Riding the wings of a song
音楽の翼に乗って
The Fury is screaming and Heaven is falling
激しい怒りは叫びを上げ、天は落ちていく
I feel it coming on strong.
俺はそれを強く感じる


The lightning strikes cracking the night
雷が落ち、夜を切り裂く
It feels like never before
こんな感覚は今までに感じたことがない
Thunder and sparks in the Heart of the Dark
闇の心の中の雷鳴と閃光
I hear a Rising Force.
俺は湧き上がる力を聞いた


Searching my soul I find something else
魂を探し求め、俺は違う何かを見つけた
I take my life in my hands
俺の人生は俺の手のひらの上だ
From the gates of Heaven to the altars of Hell
天国の扉から地獄の祭壇まで
The Power is at my command.
力は俺の意のままだ


The lightning strikes cracking the night
稲妻が落ち、夜を切り裂く
It feels like never before
こんな感覚は今までにない
Thunder and spark in the Heart of the Dark
闇の心の中の雷鳴と閃光
I feel a Rising Force.
俺は湧き上がる力を感じている


Burned by the glory of a sacred fire
神聖なる炎の栄光に燃やされ
A Rising Force starts to shine
湧き上がる力は輝き始める
Alone in the inferno it soars ever higher
地獄の中にただ一人でそれは高く舞い上がる
Leaving the demons behind.
悪魔達を背後に残して 


The lightning strikes cracking the night
稲妻が落ち、夜を切り裂く
It feels like never before
こんな感覚は初めてだ
Thunder and spark in the Heart of the Dark
闇の心の中の雷鳴と閃光
I feel a Rising Force.
俺は湧き上がる力を感じる


The lightning strikes cracking the night
稲妻が落ち、夜を切り裂く
I'm not the same anymore
俺はもはや今までの俺ではない
Thunder and spark in the Heart of the Dark
闇の心の中の雷鳴と閃光
I feel a Rising Force.
俺は湧き上がる力を感じるんだ

 

萎え続ける 男たちが

グルメ談義だ?ゴルフ談義だ?スイーツ男子・・ どんどん無自覚に変態化

中性子化している事に 気付けず

常に 恐れと不安と 不満の渦の中で 自慰行為のような 

生を浪費している中

 

本来 男たちに注がれる予定のエネルギーは 何処に注がれるのか??

 

それを エナジーワークに 全身全霊を賭した 自分は

体感として 分かる

 

彼女が感じ ここまで嬉しそうに 発散している

 

Rising Force

 

上半期 共に 共鳴していこう!

無駄に 変態化を終えていく 群集にエネルギーを使わないように!!

 

塩を!!

汗を!!

大地よ 月よ 星々よ!!

 

森羅親愛合掌

 

 

| 渡辺一連 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray for Nothingness 新月2019/04/05 17:51・・桜開花のニュースを白銀の朝に見つめてみて

帰国後 「次」への 端境期に入っている

少し無理を重ねての 渡米・・ 手にした事は 人生の中でも

かなりの濃密な質 ある意味 端境期のこの時期があって良かったなぁ・・・の

とても 昇華に時間が掛かる質のモノを 抱えて帰国していたので

 

 

けれど 移住後 初めて

この4月に座している・・

 

(桜のニュースが連日の中 今年は3/31から 連続して降雪・・これも移住後初)

 

人間は習慣の生き物

雪解け=浜やら 農園だった 自分が 昨年の激動・激変を経て

パターンから外れている その違和感と 躍動を欲する身体

 

受け止め方次第で これは 

 

暗転(夏至の日に注がれたビジョンを疑い 責める)

好転(機会を活かす=座す中で この機会しか手に出来ない事に集中)

 

どちらも 正解になる

全ては 50% 50% 結局は 選択した方が正解

 

想像 = 創造

 

何度も その具現化プロセスを 垣間見続けてきた

この一次産業のみの シンプルライフ・・ 

 

 

全ての 軸点は 内在の成長 = 先の冬至にて最終系となった エナジー&ネイチャーワーク

 

50%

50%

 

この意識内でのせめぎ合いが 帰国日から 今なお続いている

サイズのかなり 大きなビジョンを得て 渡米・・ この時点で ビジョンの半分位は

具現化を終えているが 残りの半分を具現化させていく事

 

今なのか?

一度 置くか?

 

帰国後 毎日 繰り返されている 意識内での せめぎ合いと

それを じっ・・と 観照している存在(真我)

 

一番辛いのは 時として 観照者が そのせめぎ合いの中に

巻き込まれているの発見した時

 

それは サンゲージング中であったり

アースウォーク中であったり はたまた WEBでのリサーチ中であったり・・

 

 

出国前には 完全に整った感を持って この拠点地を離れた自分

けれど 今 ここの自分は その時と 何か?違う 違和感や FIT感がずれている

旅の効能なのか? 何なのか??

 

見つからない答え探し

理屈で アレコレなら 答えは容易いが 全身全霊で 「そういう事か!!」には簡単に

至れない事も 過去経験から 理解済み・・ なので ロジックやら 他者の手垢のついた物を

折角 5年余り 森羅が清涼化させてくれた 意識や身体に 入れ込んでは

とても 失礼・・

 

答えは 近い

昨年末から 人生初 胎(腸内 臓器全て)の浄化に 3ヶ月を賭し終えている

その胎が 「はっ!」と 受け取るもの それを手にするべく

 

50%

50%の 波の上で 今は 浮かぶのみ

 

焦りや 気負い・・ この歪なエネルギーが 自分に何をギフトしてきたか??

 

そこに意識を向けると?

ジャカルタ市内の騒音やら

ガーナ ブルキナファソ国境にある 名も無き村の静謐やら

南インド チェンナイ市の あの渾沌やら

 

流した汗

悔し涙 色々 浮かぶ

 

そして 最終的に 内在は伝えてくる

 

「体内血液4.6L全て 地氣造血にまで 入れ替えてるんだよ??

 まだ 自分自身や 森羅・天体のビジョンを疑うの??」

 

・・・と

 

4月の新月

祈りよりも 大切なものに 意識して迎えよう!

先のリライト作業が ある意味 未来の書・・だったように

 

今 この時期の意味を 手にするのは

今 ここ・・より 同じく

 

50%

50%の どちらかの 選択を終えて 動き終えた頃

人生最深・・・そんな内側の旅を続けてきた意味も 同じく!!

 

GW前後 桜咲く頃には 50%どちらかを手に動いている

 

 

祈りより このせめぎ合いをギフトしてくれた

状況に感謝を!!

 

春は間近

意識の華も 開花を欲して 突き上げてくるが

その華は 若しかしたら?秋に花咲く 華なのかも??

 

それを きちんと納得し 見極め

動き出せている 近未来に対して 祈りを!!

 

全ての 答えは 生れ落ちた時に 渡されている

一つ一つ マインドの誇りを払い その答えに近づける

上半期へ・・ 祈りは 純真に!!

 

 

何時も 必ず 的確なタイミングで

的確な エネルギーを 注いでくれる ANTHEM いよいよ 今年海外に・・・

機は熟した・・ そんな 満身創痍が ケツを蹴り上げてくれる! 有難う 共時性!


Out-運命(さだめ)と言って奴は去った 
Past-望みを置き去りに 
Time-すべては動きだした
No more-後ろは二度と振り向かないで 

 

Sound-彼方に響く永遠の詩(うた)は 
It's spell-求めた者を誘(いざな)う
Oh! dice-お前の示す影に 
Now-砂漠に炎揺れる場所を求めて 

 

Win lose or draw Lady luck is at the door 
Win lose or draw

 

心は 時を越えて 
当てなく 彷徨うGypsy 

心は 時を越えて 
当てなく 旅を続け 今も 彷徨う

 

Win lose or draw
 Lady luck is at the door 

Win lose or draw

You throw the dice and score 
Win lose or draw 

Lady luck is at the door 

Win lose or draw

Gypsy ways 

 

 

森羅親愛合掌

| 渡辺一連 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray with Gratitude Full moon 2019/03/21 10:43・・19年ぶりに重なる満月と春分のこの日にビジョンの現実化に感謝を!

2/20出国

3/17 予定を三日も遅れて帰国〜19日 一ヶ月振りに拠点に帰還

 

10数年振りの米国にて 大吹雪?出国不能?

夏至に注がれた 今回の渡航ビジョン

漫画やドラマのように 全て ビジョン通り満了か??と 問われれば 否

 

 

そんな事は 当然 折込済み(この部分が過去10数カ国渡航時とは内面が違う)

では ビジョンに対して 達成率は?? 現時点では 見込みより 点数が低いだけ

 

何せ 大きな米国 そんな簡単に ビジョン全体が 具現化(現実化)するには

相当の 物理・意識両面にエネルギーが必要

これを 身体を通して咀嚼し 理解し終えて帰れた事  

先ず 最大の感謝を この部分に!

 

 

感謝を捧げる満月記事 2月は 丁度移動日

それらに関しては 記述済み 笑)

そして 1ヶ月振りの満月記事を書こう!の 今回は 満月と春分(西洋占星術では

一年の起点日)が 19年ぶりに重なる 満月日

 

 

夏至から 秋分を越えて

春分を迎えるまで ずっと 具現化をイメージし続けている 別の一点に関しては

現段階では 達成となっていない・・が

この部分 バランスをどう 取るのか??が 上半期のテーマとなった

 

 

昨年の春分を 迎えた頃の意識は

やっと 少し 天体サイクルに意識がむき出した頃

しかも 愛猫を失い 浜も変わり 新しい状況に身体を慣らす事のみに

専念していたので 今年ほど 感慨深く越してはいなかった

 

 

あれから・・・・

一年後

当時 全く 予定すらしていなかった コロラド州デンバーの旅を慣行し終えて

2018年が 本当にやっと 終わった・・と つくづく感じた帰国便内

 

 

2018年が無ければ 意識がここまで 向かう事はなかったであろう

西洋占星術(占い < 天体サイクルの影響・サイン)での 起点日=新年 春分

その春分を 感謝の満月と同時に祝う

 

 

2019年の 幸先の良さを 嫌でも感じてしまいます

この感じ方 たまに 感動症過ぎて オーバーフローしたりしますが

それ位 溢れる位の感動って とても 素敵だなぁと

昨年以前まで持っていた 自己卑下やら 自己否定は外し

その感動振りを 逆に 完全受容し 全身全霊に組まなく 送り込む!

 

 

結構 骨折れましたが

先の冬至以降 全てを賭して 完全自己受容・容認で

この帰国まで ツッパリました 笑)

そのプロセスを内観していると??

 

 

如何に 自分自身の 自我・エゴ・マインドが

本来の自分自身の特性(個性)やら 産まれ持って渡された星(天命や流れ)を

他者や世間の枠組みやらの 外側からエネルギーと同調し

稀有なる 「星」を 落としいれ 常に 不満足にさせて来た事か・・悲)

今回の とても激しく 大きな旅は

 

 

春分前に 帰国 = 大激動・激変2018年の仕上げ

その激しさの余韻が 具現化 = 30数年振りの 米国内騒然の大吹雪

 

こういう解釈を

自己を慰める理由探し・・としてではなく 直感 体感として

即座に出来るようになり 帰国できた

 

氣 波動の ワークは やはり 出国前に

完全に完成形に達していた事も 渡米中 コロラド州で無ければ

心身連動で飛び越えれない とある一線・・を 都合3回も 突破

 

これは 幾ら 自然噴出の強大なエネルギーを持つ温泉を活用しつつの

拠点地のワークでは どうしても 超えれないし 体験できない 突破点だったので

ここから その3回にも・・の 突破 その影響が どのように身の上に 具現化されていくのか?

 

ただただ ワクワクしつつ 待つのみ!

何故なら 信じる事のみ・・で 2018年を終えれた(今日は確実にこう書いて良いと思ってます)事

 

広く

深く

高く 遠く・・ 大きな感謝を天然療養温泉にて

帰国報告と共に捧げていきます

 

合わせて 宇宙新年(元旦)の 春分

ツリーハグが これにて 丸五年・・となりました

 

毎日毎日 必ず 眉間を合わせる 木々

一年ずつ 樹から感じる エネルギーも変わり

3年目位からは 眉間を合わせると 素足で大地から 駆け上がったエネルギーが

脊髄から 脳 そして 松果体を通して木々に・・ そして ここが このエネジーワークの凄い所で

その逆 樹から 自分を通して 大地に流れていく 所謂 還流され続けるエネルギーの断片

その当事者が 自分であると言う 体感

 

これは 今回 コロラド州でしか

超える事が出来なかった 突破を経て 身体が内側から 伝えてくる体感なので

まがい品とは 違うなぁ・・と 噛み締めている

 

そんな 帰国 翌日

明日の春分を迎える用意に ドッタバタ

(それを避ける為に 拠点地3/17着の段取りでした 汗)

を 楽しみながら

やっと 帰国4日目で 時差ぼけも クリア出来た 今

1.2月に 書いてきた さぁ 2019年とは

違った質での

 

さぁ 2019年 いよいよ稼動!

 

そんな 春分

そして 感謝の満月に 夏至のビジョンに関して

かなり無理をして・・の渡航を支えてくれた全ての人に

中でも 帰国不能時 日本側から 助けてくれた稀有なる友人に

最大の感謝を!

 

転がる石には 苔は付かない

 

言葉がカッコいいですが

地で 実践

しかも 縁もゆかりも無い場所で??は ハードなモノですが

昨年 やっと それらを楽しめる 心構えが形成され終えたので

先ずは 春分週 たっぷり 迎春の波動を感じつつ

畑起こしやら 厳冬期 触れる時間が減っていた 拠点地での

森羅との日々を 今年は楽しんでみようと想っています!

 

米国嫌いだった自分が終えた

米国紀行 ある部分 咀嚼に時間が掛かっても当然

けれど 紙面や情報の精査ではなく 見聞きし 実際に体験して来た事の

精査は 全く アプローチも違うし 内容の濃さも 当然 体験ベース故

別物

 

ただ 少し 何かと 今も熱量が平均(世間)より 高い分

その自分自身の個性(主観)は 少し 外して 今回の体験を血肉に昇華させ

次回の動きに向けて 又 コツコツ一歩を!! が 現段階の心境です 笑)

 

有難う コロラド

氣になったのが 7年前

行くぞ 必ず!から もう5年余り・・

そしてやっと 

 

想像 → 創造

 

を 終えての この記述となりました!

 

 

森羅親愛合掌

 

 

| 渡辺一連 | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray for Nothingness 新月2019/03/07 01:05・・2018年夏至のビジョンに従い続けて・・・

昨年の 同月新月の前日(確か3/16早朝)

愛猫をいきなり失った

 

2018年は 年始から 全てがメチャクチャな流れ

移住後 全身全霊で賭して来た 太陽 月 木々 大地との

エナジー&ネイチャーワークを毎日欠かさず

身体は 人手不足の 一次産業縛りで!!

 

 

その熱意も 献身も

意欲も 何もかも 喪失したまま 昨年の同月 一回目の満月に

新たなる浜にも立ち 年始からの水面下的 心身から抜け出した月・・
 


 

そして 丸一年後の自分は

昨年の夏至の日に 与えられた ビジョンに従い

コロラド州 デンバーで 既に 10日間以上滞在し

夏至のビジョンを 具現化させる為に 調整を続けている

 

出国日が 満月 しかも 70年ぶりの スーパームーンにて・・

時差マイナス16時間の デンバーの旅の 始まりが 満月(成田空港)

そして 1年振りの友人が迎えに来てくれた 同日20日夜

デンバーにて 同じ満月を二回も・・・と このかなり全工程に無理を

掛けて・・の 米国渡航記が始まった
 

(今回は 2/20満月の記事は作成せず 波動調整に全ての時間を投入しました)
 

 

移住前 事業時代のメイン渡航先は アジア諸国

移住後も アジアのみ!

 

 

なので 冬季(内観の時期)での 移動先は

大概暖かい場所だったし 今までの人生の中 14カ国以上

渡航をしてきているが 渡航先で雪と遭遇したのは 人生初

しかも 拠点地での 最低気温体感 MAXは マイナス13度だが

ここデンバーでは 週末 降雪と合わせて 人生初のマイナス15度以下を

体感させて貰った 驚)

 

2014年から 丸五年

友人と コロラドでの再会を約束して 丸二年

行こう・・と決めて 約10年(10年前は 全く今の心境とは別にて)
 


 

満月のミラクルにて 無事入国も終えた

10数年ぶりの 米国は 何から 何まで アジア諸国とは

質感も触感も違い 今まで 生涯3000本近く観て来た洋画の

1コマが 色々な場所を訪れる度に フラッシュバックする 日々

 

大きなサイズでの ワーク再開まで 4日間も波動調整に時間が掛かった・・のも

移住後 数回(インド ベトナム)の渡航でも初めての事

 

やっと 渡航前よりは サイズダウンさせているが

ワーク自体のボリュームも 回転を入れて ほぼ1時間サイズに

やっとなって来た!

 

開放感溢れる 公園

高樹齢の巨木

この冬季に 芝生

 


 

こちらに来て もう2回も大雪に見舞われる度に

滞在先 友人宅前の樹と サイズダウンのワークや 喫煙時(一日

5−6回×10分近く)には 裸足になり 寒いですが 工夫しつつ

森羅と繋がる時間は 今までのアジア以上に 意識を向けています!

 

今回 予想外の効能が・・

友人が 紆余曲折を経て 日本から連れてきた 彼の愛猫

日本に彼が滞在中から 何度も逢っていた(ミャコと暮らし始める前)

そのホーマー君が 自分の心境を知ってか 知らずか?

毎日 擦り寄ってくれる度に

2018年 最大の哀しみから 立ち直るエネルギーを与えてくれています!
 

 

2011年3月 その頃 星の流れ等 氣にもしていなかった

その月に 天王星が移動し終えている

その 8年後・・・

正式に 移動が起こる

 

2018年 立春前後から 意識が 天体にとても向き

山羊座に関しては 何度も記述している通り・・

 

今月 このBlogがUPされる 前後

2019年の 天体サイクルで 一回目のお祭り状態となっているそうです

 

昨年の年始と 今年の年始(世間的な方)

天体サイクルを見比べてみても 如何に 過酷な状況で 2018 一年が始まったのか?

・・が 理論では無く お蔭様で 体感的に 天体サイクルが示唆するモノと共鳴出来た!

2018年から 2019年へ 一つ新たに 引き継いだモノ・・として

 

山羊座 AB型 新月産まれ(占いは無し)

合わせて 全て身体を森羅から通して 精査し終えた 本物のスピ

 

これらの ニッチなサイト構築に入ろう!と 現在 デンバーの日々で

アイデアを練っています!

 

少し 大きな時差にて

日本と海外の体感差(アジアならMAX6時間位)が 未だ大き過ぎ

これは 自分には不可思議な感触で 案外楽しんでいますよ 笑)

 

さて 米国滞在折り返し付近にて

賑やかな天体での 祈りの新月

同じ 異国でも ベトナムやインドとは 大きな時差分

満月同様 二回味わう?的に 2019年 全般に通じる祈りを

このデンバーでの 新月ONタイムに捧げて行きます!

 

森羅親愛合掌

 

 

| 渡辺一連 | 04:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
時代は免疫力UP ちょっとした取り組みで心身アンチエイジングも付録でついてきます!!貴方の日々を 「言霊の光」で包む 13の我流禅語

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・
「WHY」 静寂の音に導かれて・・・ (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
新たなる物語は電子出版に・・
「静寂の音」人生の再起は その邂逅により方向性が変わる
冒険活劇

Recommend

詩集 Early Times
詩集 Early Times (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人はコミニケーション以外にも
様々な「言葉」と暮らしている
この詩集は 一部上場企業時代〜起業 そして主戦場となっあアジアの様々な国の香りを言語化しています
近くの誰か・・には 伝わりづらい分
遠くの誰かに バトンを・・・
共時性と融和し終えての電子出版作品となっています!

Recommend

1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて…
1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて… (JUGEMレビュー »)
渡辺 一連
賑やかだった 80's年代に 賑やかを冷やかに見ていた1980BOYと 再び旅する・・・

Recommend

ジャガイモの詩(大規模農園)
ジャガイモの詩(大規模農園) (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人生初の一次産業従事 過疎高齢エリアでの体験記 写真大目で見て 参加できる農業の裏側

Recommend

Recommend

アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1)
アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1) (JUGEMレビュー »)
ウラジーミル・メグレ
資本主義とは?その自然と相反するイズムを アナスタシアは 大自然との共生から 自然と語る 聞き手の資本家が その懐疑を乗り越えていく 至極の物語 2013年 最高の一冊

Recommend

日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書)
日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
連載掲載中に突然切られてしまった
「越境者的ニッポン」の単行本2冊目
(一部加筆アリ) 3.11関連の素朴な疑問 そして論説は あれ?最近の日本少しおかしいな?と思っている人 必見です!!

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
国民と 非国民を 世間と言う 何とか寄り添っていることで 自己確認をしたい虚構の集合体・・が 「我々は善・我々でなければ 悪」と言う
二分化を イメージで行う?弱者が生きにくい社会は 実は 即強者にも 生きにくい社会である・・・

Recommend

ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ)
ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ) (JUGEMレビュー »)
狩撫 麻礼
20年ぶりに 読み返して この
ボーダーの 訴えん としている事を 20年後の自分が消化中です
あちら側 と こちら側 ・・・と言う テーマに興味のある方には 超お勧めです☆

Recommend

越境者的ニッポン (講談社現代新書)
越境者的ニッポン (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
初めて 読んだ時の衝撃・・・ そしてこの連載を読みだして 氏の執筆本を読み漁っていたジャカルタで 外から見た日本・・・ 3.11以降の今だからこそ 必読の一冊です

Recommend

ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)
ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
森 達也,森巣 博
真実を伝える=メディア

しかし その視点の置き場所によって

真実も変わる・・・

生きる=思考であるとするなら

扇動の裏側の意図を読み取る力を

養うべきでは?

Recommend

賭けるゆえに我あり
賭けるゆえに我あり (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は生きていく限り 何かを「賭す」もの 必勝法は無いが 必敗法はある・・・と言う 逆説的思考を 紐解きながら読むと 又 面白い<
宇多田ヒカル母の記述は 「なるほど」の一言です

Recommend

A
A (JUGEMレビュー »)
ドキュメンタリー映画
真実・報道 視点を何処に置くかで 解釈は大きく変わる
マスコミが マスゴミと 言われる理由を垣間見れる作品です 日本人は思考停止したのか?

Recommend

蒼龍 (文春文庫)
蒼龍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
山本 一力
2009年度 読んでよかった「本」
TOP3確定本
現代の視点からでも 武士がいた頃の
暮らしには 照らし合わせうる「エッセンス」多く内在されいる
読み終えて 力漲る 蒼龍
知恵・人情溢れた 「節わかれ」
「長い串」など オススメします

Recommend

走ることについて語るときに僕の語ること
走ることについて語るときに僕の語ること (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
約一年で主要タイトルを読破して辿り着いた一冊 「村上春樹」と言う 世界が認める才能のエッセンスに触れることができる一冊です

Recommend

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
蒼穹の昴(1) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
「志」与えられるモノではなく 心が紡いでいくもの・・・ 糞拾いの主人公が
織り成す壮大な歴史ドラマです 浅田作品の中でも一級品と言われる理由 読めば解ります

Recommend

Z
Z (JUGEMレビュー »)
梁 石日
何処までを フィクションとして読んで良いのか(特に前半)考えさせられる一冊
アジアの中の日本を再考察させてくれます

Recommend

シェエラザード〈上〉 (講談社文庫)
シェエラザード〈上〉 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
戦時下で考える 人間の尊厳とは? フィクションとは思えない 重厚な歴史小説であり 泣かせる浅田節も さらに読み手を引き込みます

Recommend

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
闇の子供たち (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
梁 石日
出口の無い物語 しかし アジアの何処かの国の 物語・・・と言っても 実際日本も戦時中に 同じような事をしていたのでは?

Recommend

新しい天体 (光文社文庫)
新しい天体 (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
40年前の日本にタイムスリップ

食を通して 政治・人・文化を

ブラックユーモアを交え 食べ歩く 開高節 炸裂の一冊

1970以降に 生まれた方必見です

Recommend

聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた
聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた (JUGEMレビュー »)
片岡 慎介
ただ 流しておくだけ・・・
BGMとしても 読み物としても 有用な一冊です
月と地球の関係は 読み終わると すっかり 理解出来ますよ!!

Recommend

兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1))
兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1)) (JUGEMレビュー »)
杉山 隆男
ここ数年で更に注目度が上がる存在に・・・ 文中の初POK派兵や 奥尻島の災害救護など 兵士からの視点 自衛隊員の本音が 伝わってくる傑作です

Recommend

戦争の克服 (集英社新書)
戦争の克服 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
阿部 浩己,森巣 博,鵜飼 哲
追米が これからの 日本にもたらす物・・・
戦争と言う行為の 意味を
しっかり 考える事の出来る
お勧め本です
怪人モリス氏 敬愛します

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は落ちこぼれる・・そんな嘆きを聞いた事があるが 「一体何から?」 何処から
落ちこぼれたのか? しがみついている物を 一度整理してみては? この本は 「非」では ない 国民が主人公となってます

Recommend

ベトナム戦記 (朝日文庫)
ベトナム戦記 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
独特の視点 食や小物に関してのウイット そして この人の視点からの ベトナム
脱日本人的なスタイルでありながら 正統派でもある 作者を愛してます

Recommend

人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉
人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉 (JUGEMレビュー »)
ジム ロジャーズ
世界を2周回った後 娘を授かった天才投資家
彼の視点は 全てのファンダメンタルに基づいており この先の動向を見据える為にも
読んでおきたい一冊です

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・

私の本棚

Search

Entry

Comment

  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    渡辺一連 (03/08)
  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    b (03/08)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    渡辺一連 (04/15)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    たけし (04/15)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    渡辺一連 (12/31)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    にに (12/30)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    一連 (02/19)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    引山ゆきちゃんラーメン (02/19)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    一連 (02/16)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    サリー (02/15)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

ジオターゲティング
レビュープラス blogram投票ボタン
ブログパーツ
権利確定月