Page: 1/206   >>
Pray with Gratitude Full moon 2019/08/15 21:30・・振り切りを全て終えた夏至以降に謝意を!

Watch the news And read the stories It's a nightmare

ニュースも 記事も 悪夢ばかり・・

 

本当に激しい夏だ

もう 落としてはいけない 体重を4Kgも削ぎ落とし

一般世間なら 縫合から全治二ヶ月クラスの 大怪我を 自己治癒させつつ

突入した 超・繁忙期

何と? 24連投 驚)

 

振り切れ!

本物になれ!

整合性を 全て取れ!

 

ワーク中も

瞑想中も 渡米を終えて以降 もう直ぐ半年になるが

毎日必ず 突き上げてくる

 

そして 先日

先の冬至からの 3ヶ月間の 回転のワーク(ワーリング)が 注がれた意味を

受け取り終え

 

突き上げは 静まった

 

 

さぁ 繁忙期 後半

もう 年始の僕は 欠片も残っていない

 

まぁ むにゃ むにゃは

繁忙期明け 時間が取れてから 運営Blogにて 総括して行こう

 

本物を求める人には

本物が必要なのだから・・・

 

無料記事)入鄽垂手 からの発露・・・

間抜け似非スピさんに送る 「エネルギー」「波動」そして「感じ活かすエネルギー」に関して!

 

 

Run for cover Search for glory Is it really anywhere

逃げ場所を探しつつ 栄光も手にしたい? 何処にあるの?そんな場所?

 

Darkness in the air The light is the extinguisher With a solid fight

暗雲が空気に垂れ込め 光など 無益な戦いに掻き消されている

 

Maybe we'll figure out Just who we were

多分 理解するだろう 一体 人類とは?何かを?

 

 

 

Are we Lost?

Are we Lost?

At what cost?

Are we Lost?

俺たちは 迷っているの?

私たちは 路頭に迷っているの?

その代償は?

 

No matter what we face Our hope, it will defend us

どんな衝撃がやって来ようと 「希望」が私たちを守ってくれる

 

Don't ever think that we Can't find another treasure in the dust

決して 見間違えるな! 塵からでも豊穣なる宝を見つける力を 授けて貰えている事を!

 

You tell me are we lost You

tell me are we lost Please tell me are we lost

Please tell me are we lost

 

貴方(真理)は 突きつける

私たちは 迷っていると

どうか 教えて欲しい 一体 何に 迷い 彷徨っているのかを・・

 

森羅親愛合掌

| 渡辺一連 | 06:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray for Nothingness 新月2019/08/01 12:13・・下半期を迎えてのブルームーン 一回目の新月に祈りを!!

ブルームーン

昨年は 1月 3月と二回もあった 稀有なる年

そりゃ 色々ありました・・

(二回とも 満月のブルームーン)

新月の ブルームーンは?

なんと?2016年 10月以来

 

 

さて 久しぶりの 夏のブルームーン

下半期 突入即! 祈り深く 今月 冬至にて 総括していくであろう

下半期〜2020年 春分辺りまでの 祈り全般を 捧げていこう!

 

夏至の週から 兎に角 手持ちの時間がない!!

去年だと やるべき事が散乱していたし オールイン・フルコミットメントできていなかった分

この状況に イライラしていたのかも??

 

 

けれど 年始には 全くの 「無」 約三ヶ月〜渡米

人生の中での 最深の 変性意識への Deep Diveにて 

やっと 2015/01/15 注がれた 覚醒が 幻想ではなく 超リアルであった事を

確信させられ

 

帰国後 事象は全て 連動し

大好転の 嵐! これは 本当に 驚くべき 好転ばかり・・・ 驚)

 

 

かなり 酷く 深い 傷を縫合せず 自己治癒・・の ほぼ丸一ヶ月後

どうやら 神経を損傷しているみたいで

激しい鈍痛と 痺れ(特に小指側)を抱えつつ 日々 7−9トンの ガンガン積みつけを

こなしている・・が 正解は? 2019年 マルチプルな 注ぎにて

こなせている・が 正解

 

 

昨年 損得勘定にて 僕は 

1億円 持っていても 働く場所!を 離れている・・

その代償? としての 内臓激痛祭りも 通過してきた

この回復記録は メインBlogにて

 

普通とか?

一般の人?? (世の8−9割)なら あの怪我も あの危険な数値も即病院だろう

けれど?

似非間抜けスピとは 全く次元の違う エナジーワークを続けている僕が貫くのは

「整合性」

 

 

偉そうに 霊障とか?抜かす デブとか?在りえないし

幸運 開運を だらしない波動で語る 似非にも 反吐が出る

そやつらの 心身から発する波動 整合性なき ハリボテ・鍍金で 饒舌なる

誰かの?コピー的 言葉? 吉本より 笑えてきて・・ もう半年

 

 

どうして 偽者は 饒舌で テクニックやら 方法論を口にするか

見抜き終えている

 

それは

 

「偽者なので 代替理論が必要だから・・・」 大爆)

 

似非間抜けスピリチャルの論者 メンター?

講演者?? 笑っちゃいます

 

 

まぁ 手持ちの時間が 限られているので

先ずは 祈りを!!

 

何時頃 今年は 時間が取れるのだろう??

書きたい事は 山ほどある

まぁ そういう流れ・・

 

 

昨年は ミャコの行き成りの 喪失が

延々と響いて居た年

 

今年は?? レオ君が 新風を どんどん招き入れてくれている

 

全ては 当事者の受け止め方!

僕には 迷いも 不満も 不安もなく

 

ただただ 日々 絶対的 安寧

8月末には 更に 祈り深く・・

 

森羅親愛合掌

 

 

| 渡辺一連 | 05:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray with Gratitude Full moon 2019/07/17 06:39・・夏至での注ぎを 更に加速!!そんな蜀を伴う自身の満月!

 

Pray for Nothingness 新月2019/01/06 10:06・・あぁ 昨年の山羊座新月から丸一年かぁ そんな感慨と

 

 

全ては繋がる

本人が 完全にフルコミットし オールインすれば・・

 

想像 = 創造

 

 

2014年9月から 始めた 全て

2015/01/15 人生で初めて 光に打たれた意味

2017/12/12 今 ここ にある 自分自身を創り上げてくれた入り口

2019年夏至 渡米を終え 2018年の諸々を振り払い終えての

想定外なギフトを得て・・・

 

下半期へ

2018年と言う 天恵尽くしを乗り越えた

褒美と共に

 

 

・周波数を上げる!(受け取り方意識の向上・自己発信の波動の向上)
・機会を活かす(特に不可測にギフトされる現実は特に!)
・受け取る状況に不平不満を言わず 全て 更なる学びへ昇華

 

 

・自己否定の完全排除〜完全な自己容認

・2017−2018年のビジョン おさらい(2018年末に追加されワークを通して)

・統合

 

 

STRYPER THE ONE

(我流翻訳は 繁忙期明けに)

 

 I’ve blown up our world, and scattered pieces behind
A boy and innocent girl, defined one of a kind
Love was making, we were taking
But now it’s harder to find

 


You Still Move – oh You still move me yeah
You Will Always – You will always be The One
I say with a smile, all I should with a word
You’ve stayed for a while, it’s bordering on absurd
Cause that’s your glory and pains my story
But grace is what I’d prefer

 


You Still Move – oh You still move me
You Will Always – You will always be The One

 

森羅親愛合掌

| 渡辺一連 | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray for Nothingness 新月2019/07/03 04:17・・さて愛と信頼バージョンUP フルコミット&オールインの絶対的体感に従い

あけましてオメデトウございます! さて2019年の幕切れは??見た人の心を試す映画にて!

 

Pray for Nothingness 新月2019/01/06 10:06・・あぁ 昨年の山羊座新月から丸一年かぁ そんな感慨と共に

 

 

混迷 波乱 喪失の 2018年の激流とは 違い

今年は 年始に 全ての 「何かしなきゃ!!」を 放り投げた!

この人生初の 取り組みにて 自分自身内奥にて 渦巻く 自身が常に

創造し続けている

 

 

「何か しなきゃ!」

「良いのか?今 この状態で?」

「大丈夫なのか?自身を信じ切って?」

 

これらの 外付け的?エネルギーの掃除のみに 専念する形で

冬至〜渡米までの 全ての日々

ワーリングにて 回転していく身体 目が回る意識

けれど それを 全く 回らず 常に冷静に見つめる 真我・・

 

この丸三ヶ月 回転と ワーク時間(冬季 ハウス内にて)での 地氣正座

ツリーハグに 追加した 1-7までの チャクラをイメージしつつの ハミング

 

それと 療養温泉のみ!

 

毎日 毎日ず・・・・・・・・・・・・・・・っと それと 洋画鑑賞&多くのリサーチに関わる

講演やドキュメンタリーの視聴のみ

特に 渡米前だったので 意識して 脳や耳を 英語漬けにしていたのが

その後 明確に 自分の身体を通して 認知した 個性として

 

「実利 合理」性

 

無駄が多い(傍目)

けれど 自分自身は 無駄を嫌う

特に やると決めた事に関しては 徹底的に 無駄を切り落とし

シンプル・コンパクトに! そのコツこそが 継続性を創出させてくれ

今年の秋にて 丸五年となる エナジーワーク全てに 言える事

 

 

渡米以前と

渡米帰国後にて ある意味 変わった 潮目もあるが

これに関しては 11月末 大地を離れてから 時間をかけて 文面化させてみます

 

とても 誰でも 真摯に

「何故?活かし 活かされているのか?」と 人生全般を考察する人には

とても 有用なヒントを渡せる!!と ビジョンが降りているので 笑)

 

 

ここで 敬愛する OSHOの一文を!!

 

人びとを助けに行くがいい。
そして人びとを助ければ、
あなたも非常に助けられることになる。
あなたが人びとを愛すれば、あなたも愛されることになる。
あなたが人びとを癒せば、あなたがヒーリングの力とエネルギーの媒介となれば、あなたも癒される。

そして人びとを癒している間、あなたはそのプロセスの一部なのだということを、

あなたもまた癒されているのだということを、いつも覚えていることだ。

人びとを教えている間、あなたも教わっている。
何を学ぶにしろこの世で最良の方法は、教えることだ。


 

自分自身を愛せない人は 人を愛する事など出来ない

こうして書くのは 簡単だが

この 「愛」に関しても 夏至の週にて 全ての 潮目が変わり

2018年 4月末以降(この出来事が その後GW明け エナジーブレイクした原点)から

心身一如にて 定点観測・体感してきた 自分の個性が感じるもの・・・に 素直に従っている

 

その大きな融和を 注がれ得た

正に レオ君同様 天界・天恵的ギフトとなり

今まで「愛」として 向かい合ってき 古き 案外固定観念を持っていた一連・・その全てを 捨て去り

体験を通し 心身練磨の継続にて 受信幅 発信幅が格段と上がり終えた 新しき一連にて

この下半期

昨年では体感仕切れなかった 「充足」へと 歩き始めている

 

夏至を迎えるまで かに座火星入り(この記事があがっている時には抜けている)もあわせて

 

火 炎 熱

 

このエレメントにて 焼き尽くしてきたものこそが 古き「愛」だったのだろう

夏至を迎える週

まるで その仕上げの如く 大量の返り血〜自分自身が超大怪我&大量出血(夏至前日夕刻)

兎に角 炎や火では 届くことの無い 深紅と連続して対面しつつ

 

「愛」に関して 移住以来の ある意味 〜〜でなければ を 全て 夏至の日 焼き終えた

 

さて 「信頼」に関しては??

 

2018年の 今頃では 全く考えられない 暮らしを始めている今

いちいち 「信頼」とは?と 立ち止まる事すら しなくなり

もう 呼吸と同等に 昇格され終えていた

 

それは 現在 2016年以来 最大の大怪我 自己治癒を選択して

丸一週間目にも 同じくで

 

全ては 一点もぶれなく 

誰の認証も必要とせず ただただ これのみ!

 

「身体は 魂の 目に見える部分で 魂は身体の目に見えない部分だ

 身体と魂は 全く分離していない・・

 それらは 互いの一部で それらは 一つの全体の一部だ

 貴方は 身体を受け入れなければならない

 愛さなければならない

 貴方は 身体を 尊重しなければならない

 貴方は 自分の身体に感謝しなければならない

 身体は 全存在の中で もっとも複雑なメカニズムだ

 それは 全く 驚くべきものだ

 そして 驚きを感じる者たちは幸せだ・・・・」

 

このとても 深い 噛み傷を

縫合なしにて 痛みやら 何やら 全て 乗り越え終えた時

僕は 又 一度立ち止まり 大笑いしているだろう

 

昨年には 大笑いは 年末少々のみ

今年は 兎に角 笑っている

何も かもが 笑いに 転換できるようになったので

 

日々 之 変化

兎に角 古きものは 捨て去る

次の一瞬に 持ち込まず

 

下半期は 「統合」その仕上げへ

愛と信頼に関しては 2019年 特異で 突出しすぎている全般に

抗わず 冬至へと向かおう

 

山羊座である自分は この年末 更なる 大きな転換のサインが

天界では控えているので 笑)

 

整合性 心身一如の均整

これを持ち合わせず スピを語る 間抜け・・ 彼らに哀れみと 慈愛を!

エネルギー還流の法則性は 絶対的真理

その体感を持ち合わせず 饒舌にスピを語る事の 無自覚さが 何を注がれるのか??

ご注意下さいませ!祈)

 

今年の夏至は 渡米ビジョンを注いでくれた 昨年など

ただの 序章として 通過させられ

今 ここ・・の 僕は その通過儀礼全ての 昇華を行いつつ

秋分を目指す!

 

森羅 即ち 不可知な 神性

その不可知な 輪は 遠く 天界まで続き 紡がれ 

その中で 塵芥の掃除をし続ける事が 不可知を可視化する道

 

不完全なる 美

その一瞬 一瞬を 全て 取り逃がさず!!

 

森羅親愛合掌

| 渡辺一連 | 04:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018年年始 喪失RUSHの入り口・・そして2019年の今 ここにて リバースエッジ 大川端探偵社 (10)

昨年は 年始 最大の喪失から幕が明けた

先ずは 仕事の喪失

そして ハートの友 狩撫氏の 源泉回帰・・・

 

荒波

激流

度重なる喪失〜再生への試練

 

あんな年は 人生の中でも無かった

(無意識で荒波を通過したのか?離婚と左遷 そして事業敗退だろうが

 何せ 無意識だったので・・・凹)

 

そして 年が変わり

流れも 大きく変わった中 狩撫氏 最終作品を やっと手にした

 

それを 夏至当日に こうして書いている 不思議・・・・

 

 

リバースエッジ 大川端探偵社 (10)

 

笑門来福

 

なんと美しき言葉だろう

笑うかどには

福来る

 

 

最終最後の 狩撫節は 濃厚だった

2018年を振り返りつつ

前回の土星山羊座入り時期に 香川県多度津の喫茶店で

出会った 「ボーダー」〜この最後の一冊までを振り返りつつ・・

 

 

そして 最終最後の 物語は

霊能者(超能力者)だった 驚)

勝ち馬の 騎手が浮かび スケッチできる能力がある

姉妹の物語

 

 

この姉妹の生い立ちは暗い・・

それ故の注ぎ・・なのか? けれど??

 

 

能力者の姉妹には アンダーグラウンドのついて回る

欲望・・ これ以上 凶悪なエネルギーは無い(エネルギー本体には

善悪・正邪はないが 発信者が 周波数を変える事による)

 

彼女たちをサポートしている 自称慈善家を

見限る流れ・・が とても深い

 

 

逝く前の 狩撫氏は

この物語を手にする 全ての人に メッセージとして 書いたのだろう

絶望に潜む 微かな希望

そういう質の 狩撫節だった

2011.3.11以降の 狩撫節の いぶし銀・・

 

 

この一冊にて 完全に お別れとなるのかぁ

今年 色々 狩撫氏 作品が発表されてくるようなので

それは 年末 時間をゆっくり過ごす 自分のご褒美用に

収集〜大事にとっておこう

 

 

30数年 一人の 劇作家を追い続けてきた 僕

彼の源泉回帰は 僕自身の 再生への 着火点だったのだろう

 

丸1.5年後の 今 ここ

見ている景色も 体感も 2018年 戸惑い 翻弄され

喪失にて ボロッボロの自分では 思い描けなかった自分自身であり

 

人生で初めて

そんな自分自身を 手放しで

「絶対信頼」出来ている

 

この道に至るまで 何度 狩撫節に

ハートを揺すって貰ったのか 分からない・・

 

本当の意味で 最終最後の

R.I.P.

狩撫麻礼氏

 

ここからの僕は

狩撫節で インスパイアされてものの 具現化に 全て賭して行くよ!!

 

半生を支えてくれて 本当にありがとう!

 

 

大川端ラスト近辺で 何度か 狩撫氏が

HIP HOPを 取り上げていた意味を教えてくれた

 

ANARCHY氏 秀逸の歌詞が

何故か?後期の狩撫氏のバイブスを想起させ続けてくれている

 

「現実が黙ってない ハッピーエンドはそうそう待ってないが

 黙って待ってな! 待ったなしの 一生に起きる奇跡がきっとある」

 

社会に去勢され終えた 男の外形

けれど 中身はオバサンには この塩は濃い過ぎるだろう・・

 

けれど 塩は振りまく

きっと 血の栄養剤 塩を待つ人間が 1−2割 社会の底辺 片隅で

淡々 粛々と爪を研ぎ続けているだろうから・・

 

有難う 狩撫麻礼

バトンは確かに 受け取っているよ!!

 

瞑目合掌

| 渡辺一連 | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray with Gratitude Full moon 2019/06/17 17:31・・さぁ来い!夏至・・11年振りに注がれたエネルギーに関して 深く謝意を!!

全く持って 特大のエネルギーが 注がれ続けている

4月の満月以降

この連続性は オーバーサイズ的 エナジーは ワーク開始後初!

 

 

さて 上半期総括には まだ ちと早いのですが・・汗)

2019年は 完全なる 静止・充填から スタート!

当時は この完全に寛ぐ事に 骨を折っていた・・ それ位

自分自身のエネルギーは その時点ですら 外側に向かおう! 自分のコミットメントを

疑心しよう? そういう 観照時期だったが 激しすぎた2018年〜新風2019年の幕開け

この時期の充填の意味を 既に 理解し終えている 現在(これらは 長くなるので別記)

 

4月の 渡米を終えて さぁ 2019年 本当にゼロからどう?この一年〜先を創作しよう!

星の巡りは とても大きい

これは 衝撃 喪失 激転の昨年〜徐々に 水面に顔が上がる・・かの如く 全て

想定外からの ギフト

 

ここではまだ書けない 秋以降の アレコレ

それに 丸で連動するように 一度離れた農園への完全復帰=それが故 

結局 昨年望んだ形での ほぼ通年の就農(応援先の農園との連動にて)

 

まぁ これだけでも お腹一杯なのですが

4月時点では 応援依頼(ほぼ通年)は 入っておらず

昨年の年収を 1/3に落とす! それでも 今年は 金銭対価に魂を明け渡さない!

 

これに オールインをしていた時点で

スリランカの旧友から 連絡が入っていた

彼が 居なければ 2008年 未だ 内戦下の スリランカ・コロンボでの

最後の勝負は成し得なかった(挫折に終わったが 命は残った・・そんな連続テロの場所での3ヶ月)

 

その彼が 11年振りに とても熱を込めて

廃車(トラック 4輪駆動車 トラクター)無いか? 一連の所に行くから!!

 

 

僕がずっと籍を置いている お兄さんの農園には

先輩格の方がいて 常に 可愛がってもらっている・・ その方は 廃車のハイラックス&

トラクターがあり 4月のジャガイモ作業時に その話をした際 OKだよ!となった

 

 

そして 段取りに入った最中

スリランカ・コロンボにて 丸で?2008年を想い出せ!!とばかりの

連続爆破テロが起こり

 

彼らは 出国不能〜親戚数人は被害&入院

子供たちは縁ある シンガポールに一時避難e.t.c.・・で やっと 道南入りしたのが

既に パンクしている応援先での 激しい日々の半ば・・

 

 

仕事を 散発的に休み 空港への出迎え〜写真にて 買い取り価格の決まり終えた

ハイラックスと トラクターのチェックが始まった

この合間は 僕はカボチャの作付けに勤しんでいた

 

 

廃車の輸出関連・・・

この関わりは 12年以来 当時会社をやっていた 名古屋〜富山へ ロシア向けの

搬送を何度か行っていた&所謂 ヤードには派遣を入れて居た事もあるし

今回のチームスリランカとは 付かず 離れず 12年となっている

 

 

11年振りに 再会した 仲間たち

あの2008年の思い出話〜まぁ 震災〜道南移住までのアレコレなど

初日は じっくり時間を取って 話をした

 

11年の間に 彼らの実力も 会社の経営基盤も本当に

しっかりしていた

こちらのリクエストは 8t積車(ユニック付き)で 名古屋〜青森陸送(函館はフェリー)

11年後の彼らは 飛行機でやって来た

 

どうやって運ぶのだろう?

まぁ 見物だな・・・の 数日後 近隣にて 4トンダンプ二台を購入してきた 驚)

まぁ 天晴れ!

 

 

しかも?? 運転手足りないから

一連頼む 搬送を手伝ってくれ・・ 爆)

こちらで 陸送会社手配〜配送の段取りは?? でしたが

まぁ 応援先での休みは 取れるので 付き合う事に!

 

 

手ぶらで来た 二人は 人懐っこい顔 立ち振る舞いで

応援先も 自分の農園でも人気者

リフトからバッテリーから 何から 何まで 借して貰えた

天運の強い 奴等だ 驚)

 

 

予定昼過ぎ出発だったので 半ドンの激しい作付けを終えて帰ってきたら?

ダンプの書類不備〜まだ 積み付け終わってない(こんなイレギュラーは大した事ない)

それ故 オーナーである先輩の助力を得つつ 芸術的積み込みを手伝った

こんな作業は 人生で始めての 先輩は ただ驚き 最後は感嘆していた

やはり 職人技とは 凄いものだ!!

 

 

そして 搬送開始!

まぁ エアブレーキは効かないわ 警告アラームは成りっぱなし

そりゃそうだわなぁ 廃車予定=数年間放置されているダンプを最低限の

走行チェックのみで 買い 運ぶのだから・・ しかも 僕がハンドル握る方は

トラクターが鎮座していて まぁ 不安定飛び越え・・でした 笑)

工程の半分を走行していたら 赤い方のダンプが ふらふら減速から 路肩に突っ込んだ・・笑)

 

 

ブレーキオイル漏れ〜ギアオイル辺り??

まぁ 走行中の故障にて 本来 日帰りでの 苫小牧搬送は この時点で

宿泊決定!

彼らの豪運と アドリブ力には ただただ驚かされつつ

予定 19:00着の 苫小牧には 22:00着となった 笑)

 

 

車での寝れば済むだけの事(フェリーターミナルですし)・・なのに

わざわざ 宿を取り 労い・・ 笑)

こういう 所作が ステレオタイプで 外人がぁ・・には至れない部分

 

多くの国 

多くの場面で 10数年前 体験し続けてきた 懐かしさ!

 

 

やっとの 荷受・・けれど??

ワイヤー固定無しゆえ 結局 後日 ワイヤーを再度装着へ!爆)

しかも その作業は 僕 満月のこの記事が上がる前に

又しても 苫小牧往復へ!!

 

 

昨年の震災派遣以来 何故か?この苫小牧来訪が続けている

先の 満月奇跡の旅も同じく

 

多くの川が足元を流れた

12年前の自分は 会社の切り盛りの為 コミッション収入の為だったが

12年後の僕は 今年 統合と同じ熱量で意識し続けている 「陰徳」の為

 

テロ被害の親戚へのお金

シンガポールに逃がしている子供たちへのお金

 

今回の都合4台が 少しでも 役に立ってくれれば それで充分

けれど 断り続けていた コミッションは 結局振り込まれていた・・

 

儀の為に!

移住後の軸点は そちら ・・ けれど 昨年は それら全てが 向こう側から 唾を吐かれたし

2019年は 全く 新しい流れ 風を受け 本当の意味で 儀のみ!!で

奇跡的な 日々を送っている

 

昨年の今頃 全く 想像していなかった流れ 自分自身

何よりも 今回の チームスリランカが 僕に授け 開眼させてくれたのが

 

「忘れていたエネルギー」

 

12年前は 盲目ゆえ気付けなかった事を

完全掌握しつつ 全く 同じ事を行い終えてみると??

 

12年の輪は 綺麗な 円となり

還流し終えていた・・・ 正に 天運・天恵の実証!

 

まだ これで 上半期かぁ

もうお腹一杯なのだけど ここから エナジーワーク丸五年やら

収穫繁忙期 2農園やら 秋以降の 新たなる挑戦やら

ドミノ倒しの ドミノは 並び終えている

 

下半期の回想を

どんな 僕が 冬至に書くのか??

ワーク開始以来ほぼ 連続 9時間での 裸足作業やら

直感が 黒くなれ!!で 短パン一丁にて 人生至上 最黒の身体

まぁ 何かしら 下半期に その直感の意味を手にしていくだろう!

 

射手座木星の今年

その射手座の満月! 無事 苫小牧往復を終えているかな??

 

有難う 天運

有難うチームスリランカ 又 秋に 数台送りましょう!!

 

森羅親愛合掌

 

| 渡辺一連 | 06:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray for Nothingness 新月2019/06/03 19:03・・さて 2019年折り返しへの深き祈りを!

多忙期 大地・・

応援先農園

 

新しいリズム

けれど 身体は 大地を喜び 受け入れている

潮風に 懐かしさすら感じる事なく

 

 

かなり 激しい日々の為

全ての 祈りの 一文は こちらに!

 

入鄽垂手 からの発露・・・改めて 入鄽垂手 新しい風ばかり吹き続けている 4月の満月以降

 

2019年 渡米へと 導いた 壮大なビジョンを

注がれた夏至がやってくる

 

昨年 全く 想像すらしていなかった 応援先農園

けれど 注意深く 体感すると?

 

やはり 想像 → 創造されていた

 

 

大好きな 大地と 半年以上 たっぷり接する事が

この応援依頼以降 確定済みとなっている

 

やっと 移住時 心底望んだリズム

 

動の季節 = 大地

静の季節 = エネルギー伝播への 諸々

 

これが 紆余曲折を経て 確定され終えた

 

レオ君という 新風

釧路・厚岸・鶴居村 満月トリガーで 満月たっぷりのミッドナイトドライブ1100km

火山でのアースウォーク 半日以上の炭 超絶足湯 (全て 意識し続けている 火のエレメント)

 

全ては 注がれ続けていえる

注がれる場所は 昨年の冬至にて空っぽに 明けているので!

 

 

満月にも 又書くだろうが

書いておこう!

 

さぁ 来い! 夏至

準備は全て 整い終えている!

渡米ビジョンと 同時に 注いだビジョンを 具現化せよ!!

 

2015/01/15 全ての 基点 ホーチミンに向かう前から

今も尚 ON&ON

 

 

さぁ ON&ON・・・心を震わす「頌歌(ANTHEM)」

 

 

 

I'm lookin for a one & Only destinetion ・・・何時でも・・・
Sometimes I feel like swept away in the Circulation  ・・何処までも

Look back 
Feed back
戸惑う俺が今日も・・ 嘘をつく・・

I go
I gotta go・・・

答えの見えない My midnight fright 

孤独に 飛び込め!!独りで駆け抜けよう・・・・
恐れるものはない 心の声を追いかける


Yes I hungry like the wild Fire
この身 焦がして 辿り着く日まで・・ On&On
Riding on the Burning Wheels
留まる事など 死んだも同じ 
It's my way of life

On&On&On&on・・・

 

森羅親愛合掌

 

 

 

| 渡辺一連 | 05:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray with Gratitude Full moon 2019/05/19 06:12・・昨年最大の喪失から こんな喜びとの再生GIFTを受け取り・・

昨年 3月は 本当に激しい 一ヶ月だった

しかも その月は 満月が二回もあった ブルームーン

しかも 年始 1月も ブルームーンと言う 奇異な年=2018年 

喪失で始まった年始の

丸で 天界から仕上げ!!として 持ち去られたのが 愛猫ミャコ

もう この年 ボロッボロのKey Fact は この喪失から立ち直れず・・の

波紋が 全てでは??

 

思い出話は 井戸端会議 爆)

唐突に与えられた 数知れぬギフト(天恵) どっさりの2018年

この解体〜脱構築〜再構築への 道 その序章が 今年!

思い出話とは 異次元 笑)

 

そんな中 やはり 昨年は唐突の喪失

今年は? 本当に唐突に新しい家族の来訪 驚)

 

 

まぁ 結局 1年以上 喪失の悲しみからの足抜けは

出来て居なかったのは事実 特に ミャコの死を 

ここまで背負い続けるなんて 昨年は 波乱過ぎる中 意識出来てなかった

年末近くからかなぁ 本当に 居ないんだなぁ ミャコ・・みたいに・・悲)

 

 

そして 一年後の 今 ここ

浜からは 完全離脱し終え

今年は 農一本 + αの 前哨戦 開始中

真っ青で 純真・純朴なマナコの子猫 レオ君がやって来た

うちの玄関に捨てられていた ぼろっぼろに痩せこけたミャコとは

全く違う流れにて・・

 

 

生後一ヶ月弱

買い手が見つからなかった・・ そういう流れで・・

まぁ 人生二回目の 赤ちゃん??猫

 

 

思い出すのは 20代前半の日々なのだが

このレオ君 全く 予想に反して

トイレは 1日で覚え そそうもしない・・

 

 

身構えていた 自分が 恥ずかしくなる位

まぁ 手の掛からない 子猫 驚)

そして 目があうと あの 真っ青なつぶらな瞳・・

そりゃ メロッメロになりますわな 笑)

 

 

そそうは 全くしないが

老猫とは 全てが 異質・異次元の弾けるエネルギーは

自分の生活に 多大なる貢献をし続けてくれている!

書斎周りの椅子に 飛び乗るものやっと 〜 何度 落ちても

初志貫徹にて 三日目には 気付けば 膝にチョコリ

 

 

椅子から 窓際にも どうだろう?

50回は 届かず 転げ落ちたかなぁ??

けれど??

 

 

3日目には 何事もなかったように

窓際へ ジャンプ!

まぁ 褒めてくれ!の懇願にはたっぷり付き合いますよ

これは 当然の事

褒める力・・ 日本社会から 喪失した力でもあるので

レオ君との日々にて 自分が忘れていたモノも どんどん取り返し続けています!

 

 

小さな命

そして 未曾有の好奇心

爪を研ぎ続ける 成長力

 

これらの 純真・無垢なエネルギーは

みゃこ〜自分への 天界からのギフト!

 

感動を忘れ 何でも 無気質に暮らしてける

システム&パッケージ&マニュアル社会・・ そこからの決別 6年目

森羅共鳴に ALL IN 5年目

天体完全共鳴にて もう直ぐ 半年

 

農 一本は 安定とは全く無縁

年収を 1/3以下に落としての ある意味大博打

けれど 昨年は 安定の為に・・と 姑息にも動いた分

まぁ 本当に ボロッぼろになっているので

 

レオ君同様 初心貫徹 原点回帰!

7月の繁忙期までは 文武の 文! 雪の消えた時期だと

5年ぶりだなぁ・・も 近隣農園応援要請が入り 結局 武に

 

間違っても 間抜けのように 「自分が引き寄せた」など

ゼロ・・ それも この5年間で体験済み

 

もう体験する事ないなぁ・・・位

臨死から 大怪我 鶴首から 渡米やら もう アレコレ

7月まで 時間もある事だし 総清算だなぁ・・も 秋以降へ!

 

芸は身を助ける

現在は 原点の農園から 依頼を受けて 完全パンクした近隣農園にて

5年分 身に着けた芸が その農園を助け続けている

 

 

一緒に開花を楽しもうね!の

葉っぱちゃんが 落ちた時も 凹んだが・・ 今年の開花時期

小さな声を聞いた

 

「同じ根源(ソース)に還っただけ

 この花の 何処かに 私が居るのよ!!」と

 

狂っちゃいませんぜ!!

聞いて見たければ 雨の日も 雪の日も

何があっても 毎日 5年間 一本の樹と 繋がり続ければ

誰でも 聞けますので 大爆)

 

今回の満月は 内なる火に着火!

そして ミャコ〜レオ君

農園〜パンク農園

 

全ての 天恵ギフトに深き 謝意を拠点地を離れて

捧げていきます!

 

当たり前ジャンから 一歩離れて もう6年

全ての出来事が 全く 当たり前ではなくなっている2019年年始から

その加速度は 夏至以降 更に上がっていく事 気配を濃厚に感じつつ!!

 

改めて レオ君を 運んできてくれた ミャコ

本当に有難う! 人生で一番愛した二匹目の猫・・ これは 揺るがず

けれど レオ君と 原点回帰的 再エネルギー充填をさせて貰い

秋以降 本当の自分へ・・ 加速度を上げます!

 

本当に有難うミャコ!

 

 

You Know What to Do

 

森羅親愛合掌

 

 

| 渡辺一連 | 06:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Pray for Nothingness 新月2018/05/05 07:46・・4/5新月付近でダウンロードされたビジョンと共に 祈りを!

無料記事)入鄽垂手 からの発露・・・似非スピと言う功罪 エネルギーに正邪振り分けをする ある意味創造主を超えた!

                 と宣言する意味とは??

 

無料記事)入鄽垂手 からの発露・・・不均整な身体が 生み出す 不均整な波動とは???​


 

2015/01/15

「騎牛帰家」へ・・・ 手探り 体当たり そして ロジック・スキーム・マニュアルと言う

換金目的あり!の マインドゲームからの決別開始

 

 

2016/11/20

「忘牛存人」へ・・ この年 南インド〜ホーチミン2回 4月には 人生至上最大の激痛と向かい合い

          その入り口〜出口の観照を 森羅を通して行い 「あぁ そういう事か?」を

          当時なりに 深く受容した年

 

 

2017/12/12 人生を根底から変える出来事をギフトされる 気配は「沈黙」として

       サインを出していたのだが エナジーワーク丸三年の達成(通過点)にて

       一部慢心状態 = 「エネルギー還流の法則」 この絶対性にて 

       特大のギフトの種を

       自ら植え 自ら収穫した年 この出来事が 森羅共鳴〜天体共鳴の入り口

 

 

2018年は 通年が 激変・激動・喪失の オンパレード

     人生初の連続RUSH  そして 「自分自身ととことん向かい合う」事に関して

     仕上げの年となり

 

 

 

                「入鄽垂手」

 

 

2019/01から 全ての事象は 手放しへ・・

米国の3週間は 冬至に注がれた エネルギーの昇華・仕上げ

ワーリングも この米国が 最終章となり 帰国後 それまでの

1/5以下の時間も 回転できず 転倒・・ なので それも手放した 笑)

 

現在 冬至にダウンロードされ 今なお 継続しているのは?

 

正座 合掌正座と立禅

ツリーハグ時に 1-7へと イメージしつつ ハミング(森羅=意識共振)

慢心で 迎えた 丸3年は まぁ とても激しいギフトを伴い 揺さぶりを掛けてくれ

体験項として 言葉遊び出来ない

 

「エネルギー還流の法則」 そして 2018年全般 対価を得る為に 動いた定置引き網やら

新規農園への移籍・・も やはり 入り口が 「損得勘定」だったので 結果は??

書くまでもなく・・ 上手に出来ているものだなぁ プログラマー(創造主)の 源泉側からのシナリオ

これを 心身を通し 泣いて 悔やんで アレコレ・・を経て

それまで 自分自身でさえ 一部 言葉遊び的だった 「尊徳無勘定」 完全受容となった

 

自分自身が 自分自身に 完全に寛ぐ

そんな絶対安寧・・・ 手にするまでは 常に 外側に探していた

意識を 意識し続けて 今年の秋にて 丸五年 それでも 昨年の冬至前までは

絶対安寧か??と 聞かれれば 否・・・

 

創造主=源泉側のエネルギー

産まれる前に居た場所で しかも 現在進行形にて その場所に還る旅路=日々 一日

 

 

来月の夏至に向かい 上半期再点検を

遠回りばかり・・で やっと 気付きと共に 出戻った??

そんな 愛してやまない 婆ちゃんとお兄さんの農園にて

「文武両道」

・・として 行って行こう!

 

4/5に ダウンロードされたモノ

「コツを掴め」

4/11木星逆行前日に 木星極のオーロラの夢と共に

ダウンロードされたもの

「本物であれ!」

 

通年のビジョンは 大概 年始に得終えている

このリズムが変わったのが

昨年 11月・・ この月も 木星が動いている中

「統合」と言う ビジョンをダウンロードされていた

 

「統合」は コロラド3週間〜その昇華 Till 4/19にて 終えた

 

2019年 上半期前に 再度 ビジョンの再点検をして行こう

深い祈りと共に・・・

 

・自己否定の完全排除〜完全な自己容認

・2017−2018年のビジョン おさらい(2018年末に追加されワークを通して)

・統合

 

このビジョンは 仲間と焼きたて ふっくら膨らむ

お餅を 頬張る・・ そんな 初夢と共に ダウンロードされている

 

夏至前に 

・ コツを掴む(昨年のパターンを掴め!の仕上げかなぁ??現在全身全霊にて精査中)

・ 本物であれ!(完全自己受容が入り口・・それだけは体感として手にしているが

         多分 今年 冬至頃 特大のスパークと共に 受理すると察している)

 

 

5年間 一切ぶれず

兎に角 真摯に 外側の 「損得勘定」的 ノイズ

マインド全盛の世間からの決別と その総体の観照継続

所謂 シンギュラリティーは もう超えている世間

マージナルポイントも 同じく

 

敢えて 横文字を使った意味は 運営Blogに

答えを どっさり 書き終えていますので 笑)

 

ここから 7月の 収穫繁忙期まで

毎日 5年前の自分と 5年後の自分の 対話が

大地の上にて 繰り返されていく

 

初心を忘れるべからず!

そして 絶対安寧は 内側から溢れて来るもの

 

森羅のエナジーに

天体共鳴が 共振し始めて・・ もう直ぐ 半年

 

ワクワクしつつ

楽しみながら

 

昨年の 喪失やら 苦難を 洗い流していく 旅を

楽しんで行こう!!

 

 

Celestial energy ・・

 

森羅親愛合掌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 渡辺一連 | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1990年代では全く感じれなかった衝撃・・・流石 巨大ラジカセをウォークマンにトランスフォームさせた国 驚)

1980年代 HM/HR 全盛期

すっかり やられていた・・・ Billy Joel を聞いていた中坊から

所謂思春期(これ死語なのかな??)へ入りだす頃・・

 

RockとBlues 

 

早熟すぎて 暴走族も何度も誘われては断り

何より 徒党を組む 幼稚さが嫌で 嫌で仕方なかった

 

最高でも 6人位まで・・が 当時から 今も・・の

所謂 集団の限界 これが 自分自身の個性なのだろう

某・一部上場企業時代は MAX10人だったが 部下・先輩・メンバーに恵まれたし

ほぼ終日は 現場で部下と二人・・ なので 11年間も リーマン生活が送れたのだろう

 

自分のような 特異性の高い 個性が

良くもまぁ リーマンを 11年も出来たものだ・・と 今は褒めて上げている

 

Rock & Blues 一辺倒だった 自分には 空白の10年がある

丁度 それが リーマン時代と被る

ミレニアム前後まで あれだけ 毎日の HM/HRが あっさり 生活から

抜け落ち・・

 

その変わり 衝撃から 一気に・・が 当時のNasやRoots LostBoys 等の

Hip Hop の 日々へと スライドしていた

歌詞が 頭に入らない あのリリック・・ 何度も 歌詞カード(当時ダウンロードは存在せず

全てCD購入の時代)と睨めっこして・・ お陰で その頃覚えた 英語語彙は多い これ恩恵!

 

別に洋楽・西洋被れ・・では無いが

同時に 西洋モノまね?系の J・Hip Hopも 出ていたが 兎に角 糞だった

ファッション先行 イメージ先行・・ 一番熱い時期の East & West のHip Hop(rap)を

聞きまくっていた自分には J・Hip Hopは ただただ 学芸会レベルにしか聞こえなかった

 

唯一 耳に 残っている 当時のJリリックは これ と

 

「俺は東京生まれ Hip Hop 育ち ・・・」

 

 

何故か? だよね・・ 大爆

 

 

所謂 物まね限界系・・ ステレオタイプHip Hop

まぁ 当時の日本人も 過去の物まね=海外ビートルズ 日本グループサウンズ 同様

プロダクションも 必死に ・・ だったのかな??爆)

 

 

 

そして

20数年 流れた・・

 

 

 

 

2006年前後に Anthem 再結成アルバムを偶然手にしてから 又 Rockへ・・

けれど 1980年代の 熱量ではなく 何だろう? もう一生付いていきます!見たいな?

尋常ならざる体感と共にの Anthem・・ これは 何度も書いてるので 端折り!笑)

 

そんな自分が・・・

2019年 米国帰国後に 若きエネルギーを注がれた

ある意味 突然の 来訪〜奇跡的な 数日間

 

30歳を 知らない訳ではない

もう 10年も付かず 離れず 30歳の波動は体感し続けているから

けれど 今回のエネルギーは 塩と汗 そして 大地の香りがする エネルギー

所謂 同類型の エネルギー

 

これは ある意味 スパーク的に 完全全身全霊で共鳴している

まるで・・ 1990年代を 思い返せ!!と ばかりに・・・

 

 

何だろう?? この衝撃的な スパーク・・体感

そう 1990年に 初めて 聞いた Nas(今はもう腑抜けだけど)の あの時と

全く 同質 驚)

 

余り 人から 天才・・を 感じない

 

世の中も 人もある意味

プリインストールソフト(所謂個性)は 幼少時代からの

水商売の関わりにて 早熟&全て斜め見・・

そして それに相反して

とても 純粋・純真なハートを持つ 自分故

 

全く反対極を 同時に オペレートする この感性に何度

2018年冬至まで 苦しめられてきただろうか??

 

あの日

あの時 

この R-指定の 日本語の使い方・・に 20年前の ある意味物まね系

J・Hip Hopから 20年の 凄まじい 変化・成長を感じさせられた 

 

言葉で この 衝撃等 説明できようもない・・・

ただただ 「あぁ 天才登場」 それが ハートを爆発させた

 

感動できる ハートが 50歳でも 脈打ってくれている

これほどの 喜びは 中々・・ないし

世にある 換金可能な感動とは 全く 異質である事 

もう 伝える相手も 分かち合う相手も 居ない 同年代・・・

所謂 劣化へマッシグラ

(感性のお話ですよ!稼ぎに関しては 皆素晴らしい収入=善で

活きていらっしゃいますから 爆)

 

犬と 人間の 大きな 違いは??

 

感動し

そのエネルギーで 興奮したり 瞑想したりする事

 

自分は 犬には成りたくないので

常に 二本足で その感動を受け取ってくれる 身体を徹底的に均整に!!

そして 劣化ではなく 受信幅を広く 高く・・での 5年目 ある意味 修練・・・

 

天才は 素晴らしい

けれど?? 萎えていく 男ばかり 爪を研ぎ続けるという 本来の男性性を放棄〜

デブに成り下がり 能書きと 収入 持ち物で 丸で 人間の優劣が決まるとばかり・・の

欠伸しか出ない 会話ばかりの 40代UPの皆様とは 全く 正反対のエネルギーで

ビンタしてくれたのが

 

 

この男 Anarchy

塩 汗 今社会から 急激に喪失している 「男性性」と

衰退激しい 日本 = このVTRからは 1990年代の ゲットーを感じさせられている

公共団地が ゲットーそのものになった時代かぁ

これは 1990年の自分では 全く予想すら出来なかった 

ある意味での ブラックスワンの嘲笑だった

 

 

日本の片隅が

サウスブロンクスやら ゲットー化してるのか??

デジャビュか? 現実か??

この リリック・・ あの頃の物まね ファッション J・B boys では 叩けなかったろうなぁ

世の中がまだまだ バブルの余熱でサーフしていたのだから

 

塩より ティラミス・・・

そして 中性子化する男たち スイーツ男子に グルメ談義おじさんかぁ

全く 同一線上凹)

 

 

「喧嘩売る前に 己に 勝て!!

 世界戦争 丸腰でやれ TVの前の子供に見せちゃえ!

 ゲットーBoysがお洒落して出かける ファッションなんて ただの見せ掛け

 タバコじゃなくて ケツに 火をつけろ!!」

 

・・・・・・・・ 

 

Oh my F+ckin God・・

 

1980年代 Japan as No.1 の時代

サウスブロンクスの あの馬鹿デカイ ラジカセを

何と ウォークマンにさせた国

 

 

 

 

 

 

30数年 今 ここの 日本

その現状と その先の道を 体感から 自覚している人間は

一体 どれ位 残っているのだろう??

 

20年振りの 汗・塩・男性性にて 張られたビンタ

 

己に 勝て!!」

 

了解したよ!! 若きエネルギー達!!

 

しかし 凄い時代に突入したもんだ

 

「ありえないなんて ありえない」

 

確かに そこ等中から

黒い白鳥の 嘲笑が 聞こえている・・・

 

 

 

 

 

| 渡辺一連 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
時代は免疫力UP ちょっとした取り組みで心身アンチエイジングも付録でついてきます!!貴方の日々を 「言霊の光」で包む 13の我流禅語

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・
「WHY」 静寂の音に導かれて・・・ (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
新たなる物語は電子出版に・・
「静寂の音」人生の再起は その邂逅により方向性が変わる
冒険活劇

Recommend

詩集 Early Times
詩集 Early Times (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人はコミニケーション以外にも
様々な「言葉」と暮らしている
この詩集は 一部上場企業時代〜起業 そして主戦場となっあアジアの様々な国の香りを言語化しています
近くの誰か・・には 伝わりづらい分
遠くの誰かに バトンを・・・
共時性と融和し終えての電子出版作品となっています!

Recommend

1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて…
1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて… (JUGEMレビュー »)
渡辺 一連
賑やかだった 80's年代に 賑やかを冷やかに見ていた1980BOYと 再び旅する・・・

Recommend

ジャガイモの詩(大規模農園)
ジャガイモの詩(大規模農園) (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人生初の一次産業従事 過疎高齢エリアでの体験記 写真大目で見て 参加できる農業の裏側

Recommend

Recommend

アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1)
アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1) (JUGEMレビュー »)
ウラジーミル・メグレ
資本主義とは?その自然と相反するイズムを アナスタシアは 大自然との共生から 自然と語る 聞き手の資本家が その懐疑を乗り越えていく 至極の物語 2013年 最高の一冊

Recommend

日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書)
日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
連載掲載中に突然切られてしまった
「越境者的ニッポン」の単行本2冊目
(一部加筆アリ) 3.11関連の素朴な疑問 そして論説は あれ?最近の日本少しおかしいな?と思っている人 必見です!!

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
国民と 非国民を 世間と言う 何とか寄り添っていることで 自己確認をしたい虚構の集合体・・が 「我々は善・我々でなければ 悪」と言う
二分化を イメージで行う?弱者が生きにくい社会は 実は 即強者にも 生きにくい社会である・・・

Recommend

ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ)
ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ) (JUGEMレビュー »)
狩撫 麻礼
20年ぶりに 読み返して この
ボーダーの 訴えん としている事を 20年後の自分が消化中です
あちら側 と こちら側 ・・・と言う テーマに興味のある方には 超お勧めです☆

Recommend

越境者的ニッポン (講談社現代新書)
越境者的ニッポン (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
初めて 読んだ時の衝撃・・・ そしてこの連載を読みだして 氏の執筆本を読み漁っていたジャカルタで 外から見た日本・・・ 3.11以降の今だからこそ 必読の一冊です

Recommend

ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)
ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
森 達也,森巣 博
真実を伝える=メディア

しかし その視点の置き場所によって

真実も変わる・・・

生きる=思考であるとするなら

扇動の裏側の意図を読み取る力を

養うべきでは?

Recommend

賭けるゆえに我あり
賭けるゆえに我あり (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は生きていく限り 何かを「賭す」もの 必勝法は無いが 必敗法はある・・・と言う 逆説的思考を 紐解きながら読むと 又 面白い<
宇多田ヒカル母の記述は 「なるほど」の一言です

Recommend

A
A (JUGEMレビュー »)
ドキュメンタリー映画
真実・報道 視点を何処に置くかで 解釈は大きく変わる
マスコミが マスゴミと 言われる理由を垣間見れる作品です 日本人は思考停止したのか?

Recommend

蒼龍 (文春文庫)
蒼龍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
山本 一力
2009年度 読んでよかった「本」
TOP3確定本
現代の視点からでも 武士がいた頃の
暮らしには 照らし合わせうる「エッセンス」多く内在されいる
読み終えて 力漲る 蒼龍
知恵・人情溢れた 「節わかれ」
「長い串」など オススメします

Recommend

走ることについて語るときに僕の語ること
走ることについて語るときに僕の語ること (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
約一年で主要タイトルを読破して辿り着いた一冊 「村上春樹」と言う 世界が認める才能のエッセンスに触れることができる一冊です

Recommend

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
蒼穹の昴(1) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
「志」与えられるモノではなく 心が紡いでいくもの・・・ 糞拾いの主人公が
織り成す壮大な歴史ドラマです 浅田作品の中でも一級品と言われる理由 読めば解ります

Recommend

Z
Z (JUGEMレビュー »)
梁 石日
何処までを フィクションとして読んで良いのか(特に前半)考えさせられる一冊
アジアの中の日本を再考察させてくれます

Recommend

シェエラザード〈上〉 (講談社文庫)
シェエラザード〈上〉 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
戦時下で考える 人間の尊厳とは? フィクションとは思えない 重厚な歴史小説であり 泣かせる浅田節も さらに読み手を引き込みます

Recommend

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
闇の子供たち (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
梁 石日
出口の無い物語 しかし アジアの何処かの国の 物語・・・と言っても 実際日本も戦時中に 同じような事をしていたのでは?

Recommend

新しい天体 (光文社文庫)
新しい天体 (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
40年前の日本にタイムスリップ

食を通して 政治・人・文化を

ブラックユーモアを交え 食べ歩く 開高節 炸裂の一冊

1970以降に 生まれた方必見です

Recommend

聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた
聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた (JUGEMレビュー »)
片岡 慎介
ただ 流しておくだけ・・・
BGMとしても 読み物としても 有用な一冊です
月と地球の関係は 読み終わると すっかり 理解出来ますよ!!

Recommend

兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1))
兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1)) (JUGEMレビュー »)
杉山 隆男
ここ数年で更に注目度が上がる存在に・・・ 文中の初POK派兵や 奥尻島の災害救護など 兵士からの視点 自衛隊員の本音が 伝わってくる傑作です

Recommend

戦争の克服 (集英社新書)
戦争の克服 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
阿部 浩己,森巣 博,鵜飼 哲
追米が これからの 日本にもたらす物・・・
戦争と言う行為の 意味を
しっかり 考える事の出来る
お勧め本です
怪人モリス氏 敬愛します

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は落ちこぼれる・・そんな嘆きを聞いた事があるが 「一体何から?」 何処から
落ちこぼれたのか? しがみついている物を 一度整理してみては? この本は 「非」では ない 国民が主人公となってます

Recommend

ベトナム戦記 (朝日文庫)
ベトナム戦記 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
独特の視点 食や小物に関してのウイット そして この人の視点からの ベトナム
脱日本人的なスタイルでありながら 正統派でもある 作者を愛してます

Recommend

人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉
人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉 (JUGEMレビュー »)
ジム ロジャーズ
世界を2周回った後 娘を授かった天才投資家
彼の視点は 全てのファンダメンタルに基づいており この先の動向を見据える為にも
読んでおきたい一冊です

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・

私の本棚

Search

Entry

Comment

  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    渡辺一連 (03/08)
  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    b (03/08)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    渡辺一連 (04/15)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    たけし (04/15)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    渡辺一連 (12/31)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    にに (12/30)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    一連 (02/19)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    引山ゆきちゃんラーメン (02/19)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    一連 (02/16)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    サリー (02/15)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

ジオターゲティング
レビュープラス blogram投票ボタン
ブログパーツ
権利確定月