Page: 1/1   
同じ 億・兆単位を聞かされるなら・・・「ザ・ユニバース〜宇宙の歴史」 5




低気圧が通りぬけた 週明けの夜空・・・

透き通った空気と 輝く 金星 そして 美しい三日月



生まれた時から 電子機器に囲まれ(現代の若者の比ではないだろうが)

社会的ポジションを得る為 日々 追われてきた






現実的な思考

ロマンを含んだ 夢想



急速化する 超資本(新自由的市場主義)的社会の中で

夜空を見あげ

過去の人類(資本社会成立前)のように






広大な宇宙と 対比する ちっぽけな 人類・・・



そんな 思考を掘り下げる作業等

日常には 何の役にも立たない・・・モノのように思われる昨今






それを 知りつつも 好奇心という 内在する個性は

目に見えない栄養を 補給するかの如く

世界の歴史 日本の歴史 政治体系 金融体系 e.t.c.





思索作業を欲し続ける・・・



深淵なる宇宙と 同じように

深淵なる 自己・・ その不思議



昔とは 比較にならない 安易さで

映像も 情報にも接する事の出来る 現代



遠いが 身近でもあり 身近ではない

宇宙を 考察するシリーズは

自分の取り組んでいる 「禅」的なワークと

リンクする部分が とても多く

更なる 興味(好奇心)が 沸いてきている



そして その総体は 多分 実存生活には

それほど 目に見えて 役に立つモノでは無いが



「Man cannot (or shall not) live by bread alone

 (人はパンのみにて生きるにあらず)」



3.11を経てから 強く そう思うようになり

現在も そんな内的ワークを 継続させている・・・・




| 渡辺一連 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
同じ 億・兆単位を聞かされるなら・・・「ザ・ユニバース〜宇宙の歴史」 4
米国は 大きな岐路(変革)へと 舵を切った
暗殺の危険性を承知しながら 立派なものだ・・と
「シリア危機(後ろ盾のロシアも立派だが)」の回避に動き出してから
嫌米の自分が 素直に そう思うようになった・・


翻って日本・・・
散々貢いできた米国間連も 然り
(現政権がしがみ付いている側の米国=既に国際社会では悪名高い)
オリンピック招致決定から 一気に 消費増税 そして
国民への負担増・・だが 企業は税軽減

まるで 一昔前の 米国そのもの・・・


それでも 既に 3.11を経て 
「何でもありの国」・・と言う 認識で日本を見て行くと
今回は 「最終地点」まで 行くことを 覚悟しておくのが
正解だろう(現在進行形の諸事が 変革の為のポーズだとしても)


その時点で 「シリア危機」回避が不確定・・・ 
そんな時に 見始めた ボリュームのあるこのシリーズ

子供の頃に見ていた カールセーガン時代
宇宙の捉えたから 随分 情報も 見識も 進歩していて


見るたびに 驚きと 発見が 続いている 広大な宇宙と 
対比して 貨幣経済成立後の 近視眼的人類が 
如何に 姑息で 愚か・・ そして 狡猾なものなの・・・・か?
 

宇宙の時間軸から 察する所の 
人の一生(人類誕生と言う 奇跡も含めて)等は 

その 億だ 兆だ・・と言う 単位からは 瞬きにも 満たない・・・

儚さを どう捉え 自覚するのか?

このシリーズを見るにつけ
禅講和と 同等の 内省・・・と なっています

希望・祈り ・・は 個人に帰すものだが
大きな 「真相意識の集大成(お花畑系・・が唱えるそれとは違う)」
は 世界の至る所で 覚醒へと 向いだしている

苦難の日本が どの地点で 旧来の「誉れある民族」に
戻れるか?

宇宙の理を 感じつつ 
日々の同行も そう感じています
| 渡辺一連 | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
同じ 億・兆単位を聞かされるなら・・・「ザ・ユニバース〜宇宙の歴史」 3
東京オリンピック招致決定
IOC総会での 日本国首相発言は(若し撤回があれば日本国設立以来の恥だろうが)

世界中に オフィシャル発言・・として 報道・記録されている

「フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。
 状況は、統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、
  これまで及ぼしたことはなく、今後とも、及ぼすことはありません。」

「汚染水は福島第一原発の0.3平方キロメートルの港湾内に完全に
 ブロックされている」。
「福島近海でのモニタリング数値は、最大でもWHO(世界保健機関)
 の飲料水の水質ガイドラインの500分の1だ」。
「健康に対する問題はない。今までも、現在も、これからもない」

恥と言うモノを重んじてきた民族

近隣諸国への 「八つ当たり・又は偏狭なナショナリズムベースの発言」
する前に  威勢良く 鬼畜欧米には 「尖閣・竹島以上」の断固とした
声明を!!!!

「風評」だとしていた部分を 揶揄されているのだから・・・


放射能は 完全にコントロール されている・・・・

政府中枢発表と 東電発表の乖離
そして 小出しに 小出しに 未だ 億だの兆だの 溢れたのか
溢れてないのか? 漏れたのか?漏れてないのか?

そんな中 米国からアドバイザーを呼んだそうな・・・・

ここで 正常と言うか?素朴な疑問が沸く・・・若しかしたら
政府方針に疑問を抱く=「テロリスト」的 国家方針が固まりつつあるので

どうか・・・・? と思うが 



東京オリンピックを  
「人類史上最悪の 放射能事件を乗り越えた日本」として
 新生日本 の オリンピック・・と 渇望する 「愛国者」視点としては

風刺画で日本を 揶揄する 毛唐(鬼畜欧米)と同血
そして 日本に2度も「データ収録の為の原爆投下(被害者は銃後の市民)」を
行い ナパームと言う 人道上許されない 焼夷弾で これまた
銃後の市民を焼き殺しまくった上 日本に50数機も 「原発」を
売り続けてきた 国・・・を アドバイザー? それも 今頃?



未だ「ギブ 三ー チョコレート」時代なのか???

チェルノブイリ事故時 「多分国が崩壊するだろう」と世界中から揶揄される中
80万人以上の 作業員を 徹底的に投入し(結局 国は倒壊したが
世界から 風刺されるような 恥はさらしていない)国家が全力で事故収束にあたった
「ソビエト(現・民主国家ロシア)」からの 何度もの支援要請を
受け入れない滑稽・・・・(日米同盟及び 地政学的リスク e.t.c.)

国家主権も 大事でしょうが 「今」この状態

主権>国民の命〜オリンピック開催 ・・としての

米国の リスク・アドバイザー????


被災地 置き去り 
被爆地(そんなものは存在しない・・という世間形成も怖い事だが)置き去り

連日の 小出し 「恐怖を煽る」 数値報道と
整合性無き世界・・・ 又は 責任追及無き世界

宇宙からの 視点・・・・ から・・・・

事の滑稽さ
今存在しているだけで奇跡なのに 金拝主義は 奇跡の維持より
「目先の利権」>未来の日本 その立ち位置

ユニバースは そんな 「思考の流れ」を
鳥瞰図的に させてくれる 番組となっています

お金を払わずに 享受し 現存する「地球・人類」
現在進行形の「福島事件」に
 
姑息な利権型 解決を進めていくとしたら・・・・・

考えると 背筋が寒くなる 今日この頃です


| 渡辺一連 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
同じ 億・兆単位を聞かされるなら・・・「ザ・ユニバース〜宇宙の歴史」 2
今週末の 9月7日 オリンピック候補地発表後に
想定されている 「福島事件」
「実は〜〜〜現状は〜〜 」と それでも姑息に
小出しに ・・ そして現在の 何億〜 何兆〜の比ではない
数値発表と 見通しが出されてくるだろう ・・と推測

国際情勢では 9月9日が 第二次 シリア・デットライン

2013年後半を 決定づける 2局面だろうと 見ている・・・





この宇宙のシリーズ
を見始めたきっかけは
「Man is but a reed, the most feeble thing in nature
 but he is a thinking reed.
 (人間は考える葦である)」

・・・・・の 対極比である 「禅講和(今回は一休禅師)」の
難解さからの 逃避もきっかけとなっている






ユニバース=統一・調和


沸騰する脳が 冷却材として選択した部分があったのだと思う・・・・

太陽系の惑星だけでも
日々の思考からは それこそ 何億もかけ離れていく 「惑星という臨在」






壮大なスケールでの 星の誕生〜死〜又 誕生へのプロセス

移動中や 空き時間に コツコツ見ていく中で

日々の平面的視点から 鳥瞰的視座を垣間見れる
貴重な時間としての 観賞・・となっている






勢い良く 足元を流れさる 日々の「時間」も
宇宙を対比軸にすると それに 翻弄されている
愚かさに 気づかされる事も

観賞を続けている 理由かもしれない・・・・







詰め込んできたものを 捨て去る為の 読本(禅講和)
という
難解な取り組みも 

このシリーズで 脳を冷却していく事で
ゆっくりだが 進みだしています 謝))
| 渡辺一連 | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
同じ 億・兆単位を聞かされるなら・・・「ザ・ユニバース〜宇宙の歴史」 1
狙ったかのように 参院選後
ほぼ 連日 小出しに 小出しに 発表される

「汚染水」報道

狂気の沙汰としか思えない 〜億 〜兆 ベクレルと言う単位数
そしてその単位数が 「何を示唆」しているのか?
それは おざなりの間々
レベル3を 突きつけられ そんな危機的状況の日本元首が
のうのうと「夏休み」を取り 日本に居たくないのか?的
「海外遊説」に勤しんでいる・・・

その一方で 24時間TVが放映される
確か 2011年の夏は 電力が足りなかった?はずなのに・・・・

そんな 狂気を浄化したい・・・




昨年の 秀作「Through The Wormhole」Morgan Freeman
に 続いての 宇宙モノ・・を 継続して見ている

日々の生活では 感じる事のない 壮大な奇跡の集大成「地球」







超資本主義が スタンダードとされる様になり 幾年か?
エリート崇拝が始まりだして 加速度的に 人類は
物心・物欲を 刺激し それに関わる事 = 社会の構成員的

世の中が メインストリームとなった






この「ザ ユニバース」シリーズを 見始めて
昨年のモーガンフリーマン・シリーズ時以上に

地球も 人類も 太陽系も・・・・ 銀河系も・・・・






何兆 何百億分の一・・・・
そんな かすかな 奇跡の重なりで 成立している事を
再認識させられた







少し 長いシリーズなので
何度かに分けて 掲載をしていきますが

混迷の対比角には 「平和(これが 各人種 各国 主観が違う」が
存在する事

そして 多くの事象は 大きな奇跡組み合わせで成立している事を
遠からず 近からず 感じる事が出来るシリーズなので

時間がある方は 是非 チェックして見て下さい!!
| 渡辺一連 | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
時代は免疫力UP ちょっとした取り組みで心身アンチエイジングも付録でついてきます!!貴方の日々を 「言霊の光」で包む 13の我流禅語

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・
「WHY」 静寂の音に導かれて・・・ (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
新たなる物語は電子出版に・・
「静寂の音」人生の再起は その邂逅により方向性が変わる
冒険活劇

Recommend

詩集 Early Times
詩集 Early Times (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人はコミニケーション以外にも
様々な「言葉」と暮らしている
この詩集は 一部上場企業時代〜起業 そして主戦場となっあアジアの様々な国の香りを言語化しています
近くの誰か・・には 伝わりづらい分
遠くの誰かに バトンを・・・
共時性と融和し終えての電子出版作品となっています!

Recommend

1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて…
1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて… (JUGEMレビュー »)
渡辺 一連
賑やかだった 80's年代に 賑やかを冷やかに見ていた1980BOYと 再び旅する・・・

Recommend

ジャガイモの詩(大規模農園)
ジャガイモの詩(大規模農園) (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人生初の一次産業従事 過疎高齢エリアでの体験記 写真大目で見て 参加できる農業の裏側

Recommend

Recommend

アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1)
アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1) (JUGEMレビュー »)
ウラジーミル・メグレ
資本主義とは?その自然と相反するイズムを アナスタシアは 大自然との共生から 自然と語る 聞き手の資本家が その懐疑を乗り越えていく 至極の物語 2013年 最高の一冊

Recommend

日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書)
日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
連載掲載中に突然切られてしまった
「越境者的ニッポン」の単行本2冊目
(一部加筆アリ) 3.11関連の素朴な疑問 そして論説は あれ?最近の日本少しおかしいな?と思っている人 必見です!!

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
国民と 非国民を 世間と言う 何とか寄り添っていることで 自己確認をしたい虚構の集合体・・が 「我々は善・我々でなければ 悪」と言う
二分化を イメージで行う?弱者が生きにくい社会は 実は 即強者にも 生きにくい社会である・・・

Recommend

ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ)
ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ) (JUGEMレビュー »)
狩撫 麻礼
20年ぶりに 読み返して この
ボーダーの 訴えん としている事を 20年後の自分が消化中です
あちら側 と こちら側 ・・・と言う テーマに興味のある方には 超お勧めです☆

Recommend

越境者的ニッポン (講談社現代新書)
越境者的ニッポン (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
初めて 読んだ時の衝撃・・・ そしてこの連載を読みだして 氏の執筆本を読み漁っていたジャカルタで 外から見た日本・・・ 3.11以降の今だからこそ 必読の一冊です

Recommend

ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)
ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
森 達也,森巣 博
真実を伝える=メディア

しかし その視点の置き場所によって

真実も変わる・・・

生きる=思考であるとするなら

扇動の裏側の意図を読み取る力を

養うべきでは?

Recommend

賭けるゆえに我あり
賭けるゆえに我あり (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は生きていく限り 何かを「賭す」もの 必勝法は無いが 必敗法はある・・・と言う 逆説的思考を 紐解きながら読むと 又 面白い<
宇多田ヒカル母の記述は 「なるほど」の一言です

Recommend

A
A (JUGEMレビュー »)
ドキュメンタリー映画
真実・報道 視点を何処に置くかで 解釈は大きく変わる
マスコミが マスゴミと 言われる理由を垣間見れる作品です 日本人は思考停止したのか?

Recommend

蒼龍 (文春文庫)
蒼龍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
山本 一力
2009年度 読んでよかった「本」
TOP3確定本
現代の視点からでも 武士がいた頃の
暮らしには 照らし合わせうる「エッセンス」多く内在されいる
読み終えて 力漲る 蒼龍
知恵・人情溢れた 「節わかれ」
「長い串」など オススメします

Recommend

走ることについて語るときに僕の語ること
走ることについて語るときに僕の語ること (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
約一年で主要タイトルを読破して辿り着いた一冊 「村上春樹」と言う 世界が認める才能のエッセンスに触れることができる一冊です

Recommend

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
蒼穹の昴(1) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
「志」与えられるモノではなく 心が紡いでいくもの・・・ 糞拾いの主人公が
織り成す壮大な歴史ドラマです 浅田作品の中でも一級品と言われる理由 読めば解ります

Recommend

Z
Z (JUGEMレビュー »)
梁 石日
何処までを フィクションとして読んで良いのか(特に前半)考えさせられる一冊
アジアの中の日本を再考察させてくれます

Recommend

シェエラザード〈上〉 (講談社文庫)
シェエラザード〈上〉 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
戦時下で考える 人間の尊厳とは? フィクションとは思えない 重厚な歴史小説であり 泣かせる浅田節も さらに読み手を引き込みます

Recommend

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
闇の子供たち (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
梁 石日
出口の無い物語 しかし アジアの何処かの国の 物語・・・と言っても 実際日本も戦時中に 同じような事をしていたのでは?

Recommend

新しい天体 (光文社文庫)
新しい天体 (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
40年前の日本にタイムスリップ

食を通して 政治・人・文化を

ブラックユーモアを交え 食べ歩く 開高節 炸裂の一冊

1970以降に 生まれた方必見です

Recommend

聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた
聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた (JUGEMレビュー »)
片岡 慎介
ただ 流しておくだけ・・・
BGMとしても 読み物としても 有用な一冊です
月と地球の関係は 読み終わると すっかり 理解出来ますよ!!

Recommend

兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1))
兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1)) (JUGEMレビュー »)
杉山 隆男
ここ数年で更に注目度が上がる存在に・・・ 文中の初POK派兵や 奥尻島の災害救護など 兵士からの視点 自衛隊員の本音が 伝わってくる傑作です

Recommend

戦争の克服 (集英社新書)
戦争の克服 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
阿部 浩己,森巣 博,鵜飼 哲
追米が これからの 日本にもたらす物・・・
戦争と言う行為の 意味を
しっかり 考える事の出来る
お勧め本です
怪人モリス氏 敬愛します

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は落ちこぼれる・・そんな嘆きを聞いた事があるが 「一体何から?」 何処から
落ちこぼれたのか? しがみついている物を 一度整理してみては? この本は 「非」では ない 国民が主人公となってます

Recommend

ベトナム戦記 (朝日文庫)
ベトナム戦記 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
独特の視点 食や小物に関してのウイット そして この人の視点からの ベトナム
脱日本人的なスタイルでありながら 正統派でもある 作者を愛してます

Recommend

人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉
人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉 (JUGEMレビュー »)
ジム ロジャーズ
世界を2周回った後 娘を授かった天才投資家
彼の視点は 全てのファンダメンタルに基づいており この先の動向を見据える為にも
読んでおきたい一冊です

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・

私の本棚

Search

Entry

Comment

  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    渡辺一連 (03/08)
  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    b (03/08)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    渡辺一連 (04/15)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    たけし (04/15)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    渡辺一連 (12/31)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    にに (12/30)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    一連 (02/19)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    引山ゆきちゃんラーメン (02/19)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    一連 (02/16)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    サリー (02/15)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

ジオターゲティング
レビュープラス blogram投票ボタン
ブログパーツ
権利確定月