Page: 1/13   >>
2人の女の顔を見ながら・・・・虚なのか?実なのか?を思索するウクライナ・・・


本来ならば 欧米列国・・だったが
欧・・は やはり 足並みを揃えず 燻りだしている

そして 米国(右派ネオコン)は 次の一手である
天下の宝刀 「民主化の為の武力介入」・・も 今回は大統領が見送っている

超国際資本側の女ティモシエンコ氏・・・

そして 命を狙われる立場であるが 毅然と要職に就いた



ナタリア氏・・・・
(日本の反応は「萌え」だそうで情けない限りですが)

人相学は分からないが

顔に滲み出てくる(幾ら化粧で誤魔化そうとしても)
腹に秘めたもの・・は どうしても 歴然とした差が出てくるように
見えてくる
(ナタリヤ氏が 若く 薄化粧だから・・・ ティモシエンコ氏
 CIA印象操作・ハリウッド系の分厚い化粧をしていう対比ではない)

エジプトも タイも ベネズエラも
世紀の 流血民衆蜂起(現・欧米傀儡のウクライナ)VS無血民衆蜂起(クリミア)
見守っている・・・

21世紀これからの 「新・自由主義(ポスト民主主義)」を
20世紀の 旧思想的な視点でジャッジしていくと・・・・

G8?そんなもの 機能してないでしょ?の真意を取り逃がしていくような気がしています
(日本の報道は、福島事件同様真意より情動・印象的なモノなので取り逃がし易い為)

ちなみに 気になっていた
G8(20) の G・・が Group(グループ)の G・・・だった事を
つい先日知りました

国連と言う組織がある中で 大国8のグループや 大国20のグループです・・の意だったとは
気付くのが遅かった・・ やれやれ・・・
| 渡辺一連 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
信じたい事を、信じたいように、信じる自由・・・民主的思考 2011.3.14 11:01 起点で


2011.3.11 で 混乱を極める中
「安心・安全・大丈夫」・・・ そう 信じたい事を、信じたいように、信じる自由
               民主主義ならそうでしょう

又は



ある程度の覚悟を持ち、他国(いきなり被爆上限レベルを倍に切り上げない
安全リテラシーを持つ国々)情報と 含め

多角度で「出来事を検証・整理する」

そう
信じたい事を、信じたいように、信じる自由(原発は危険であろう等いう
思想が危険だと社会が抑圧を掛け出して行くとすると・・・・??)も
民主主義的思考であろう

震災からの復興からも間々なっていない状態
そして 福島原発も アンダーコントロールがぎりぎりで危うい事
アンダーコントロールしている・・状態で

間もなく、今年国内で再び「再稼動」へ舵が切られていくだろう・・・

3年間のこの日
大きな2分化の 起点・・と 記憶されている


 
| 渡辺一連 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
黙祷・・・・丸三年を経た3.11 
今日は余り記述は避けて・・

http://watanabe1.jugem.jp/?day=20110312

3.11以前・以後で
人生観が 変わった・・

http://watanabe1.jugem.jp/?day=20120311

生きていく価値観も
大きく変わった・・・

http://watanabe1.jugem.jp/?day=20130311

社会情勢も
支援情勢も 変わりつつある この3年・・・



唯一変わらないものは
「祈り」の 心のみ・・

新生活の足元が固まるで
陸前高田に 身体を出すことが出来ませんが・・

この地で
「出来ることを 出来る限り・・・」

祈りと共に ・・・・

合掌


 
| 渡辺一連 | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新しい戦(いくさ)と 注視・・・ウクライナでの 諸々
危機は 既に 後退ムード
多分 マーケットの反応が それを
物語っているような 気がする



昨年の シリア危機を
寸での所で 回避させた 立役者である
プーチン大統領 

この会見で 「原稿を渡した相手」・・へと
切り込んでいる 相手・一群が

シリアを修羅場にし
ベネズエラも 
ウクライナ同様 かく乱中と 推測している



西側メジャーメディアは
ウクライナ関連に 関して ロシア=侵略者

しかし リビアにしても
シリアにしても

今回の 無血解決プロセスと 対比して
思考すると??

ウクライナ・キエフで 
「暴力的デモ(テロ)」を 行う一群が 民主化の為の正義か?
クリミアにて 「非暴力的なロシア帰属」を 求めている
市民が 悪なのか?

西側発の ニュースだけでは
よく読み取れない・・

まるで 福島原発長期超高濃度放射能漏洩事件
進展のように・・・・



 
| 渡辺一連 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
少し 安直に見すぎていたかな?・・「アンネ問題」が近未来にもたらす 大きな影響
旧陰謀論的 思考が
未だ 残っている為か 何処か「軽視」していた
事象がある

「アンネ問題」が それだった・・



ユダヤ陰謀論・・・・

確かに 一部(米国ネオコンやら 英国にも イスラエルにも)
存在するであろう シュケナージ・ユダヤの非道さは
歴史が 物語る部分だろうし

現行の ウクライナ問題にも グローバル企業による
国家乗っ取りがたの資本導入に ユダヤの影がないとは
思えないが

今回日本で 起こっている
「アンネ問題」を その視点で 捉えていくと・・・・


(今回 再考察のきっかけは 珍しく 語句に力を入れて「陰謀的」
 論議のレベルではない・・と 佐藤氏が 言われた事に始まる
 ウクライナ問題を 含め このVTRは 必見として張っておきます)

重大な 「国際社会からの孤立」に 至る事を
見落としてしまう・・・・

選民思想からの 一部民族の徹底的な排斥

これは 国際社会で 最大の「悪」
その 頂点が 「ナチス」であり
ユダヤ民族浄化で ある事は 世界的な常識

多分これは 変わる事がないだろう
(カンボディアのポルポトも スターリンの粛清も
 根本的には 同一視・・・・・)

特定の人種に排他的・排斥的?
元帝国主義的国家?
そして 歴史として 国際社会から
孤立〜戦争に突っ切った歴史を保有する国???

どんな意図が あって 「アンネの日記」を
標的に 同時多発的に この事件が起こっているのか?

個人であれば 即特定・拘束 即・国際社会へ表明(模倣犯・愉快犯含め)
しかし もし 特定の団体が 意図的に・・だとしすると・・・

「従軍慰安婦」論争レベルの 話ではなくなり

「ナチスに学べ」発言 も 再点火され
一気に 日本国は 「福島原発処理」も合わせて
孤立化へ 向かう可能性が とてつもなく 高くなっている

そして それは とても 目前の
「今 そこにある 危機」で あることを
再考察させられている

不穏の狼煙が 世界中で上がっている
それが 新しい 思想形成のための 通過点的
事象である事を 切に願っている・・・


 
| 渡辺一連 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一時代を築いた 経営コンサルタントの逝去・・・・船井幸雄氏逝く・・・
起業時代は ご多分に もれず
多くの 「経営本」「啓発本」「ビジネス本」を
読んでいた

半分は 正解だったし
半分は 「自分を見失うだけの 形の追求」だと
時間を経て 理解した

人は 他人には 慣れない・・・・

しかし
「成功する〜〜」
「〜〜で成功する ビジネス〜〜」なんて本を 購入していた時点で

入口を間違えていたのだろう・・・
(成功者は 更に 成功話で 収入を得て 全国各地で
 読者・・を 集めての 講演会・・と言う 更なる収入・・・」



ビジネス関係の コンサル業を
船井総研側に 任せた彼は 
所謂 「トンデモ論」へと 一気に スライドして行き

健康食品
波動関連商品 等・・・

やはり 「天才コンサル」と 呼ばれただけの
実力で 大きな マーケットを作り
又 成功させていた

先を読む目は(キワモノでも とても
説得力ある 文面で著書に書き上げて行く力が凄い)

確かな 事は 間違いない・・・・

米国での「麻」解禁を 踏まえての 

著作 
悪法! ! 「大麻取締法」の真実 ~「金の卵」を意識的につぶしている実情を知ろう 船井幸雄 (著

世界の潮流を読んできた 氏ならでは 流石だなぁ・・と
近日購入予定本となっている
(コロラド・ワシントン州に続く州が どんどん合法化可決へ
 動き出している・・・健全な税収確保財源となれば 連邦法も 更に支持して行くであろう)
 


アセンション絡みの トンデモ・・は さておき

日々情報を継続発信していた
船井幸雄.com

・・・は トンデモで 少し 著作には距離を置いた自分でも
良く チェックしていた HPなので

やはり 一時代を 作り上げた 人と言うのは
求心力を持っているんだなぁ・・・

逝去のニュースに 一時代の終わりを
感じた 本日でした
(このBlog書き出して 初めて 2日間連続
 逝去関連・・とは 2014年 不思議なスタートとなった)

氏の ご冥福を 祈ります
そして 多くの著作を 有難う・・・・

合掌
 
| 渡辺一連 | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本家ソビエトの粛正を上回る・・・・「ポルポトの悪夢」
事の始まりは お隣

「ヴェトナム」・・・・だったろう



欧米人の 「侵略〜植民地支配」 

これに 真向に抗ったのは 唯一 日本国



現在の日本とは 全く 違う国・・・・の 時代





資本主義以上に 壊滅的政策・・として

ソビエト崩壊から垣間見た 近代・共産思想



カンボディアは 極端なラインまで 政策を進めた・・

本家ソビエトも スターリン後期 粛正を行ったが

カンボディアでの 粛正は その比ではない・・・



そして 現時代・・・



覇権国 米国も「栄枯盛衰は世の理」に従うが如く

年明け 大きな 変動の気配・・・



それに 連動して居るのか?

居ないのか?



日本も 新旧体制入れ替えの気配を 感じている

(起点としての キャロライン・ケネディ就任である事を祈っている)



深いカオス(混沌)を経て 自浄された

日本国を イメージしている



しかし この闇は トコトン深く

国民を 「新国民」・「旧国民」(特に3.11以降)

国は 簡単に 「左翼」と言う言葉を 扇動句として

使いだした 時点で



個人の思想が 未来選択の 大きな 指標となる時代の

到来を告げている・・・



「万人行けども 我行かん・・・」 



さぁ ジェットコースターは いよいよ

下降期へ・・・・



合掌



| 渡辺一連 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「過去は未来・未来は過去」・・・そんな「日本人のルーツ」 2
日本人は 何処から来たのか?

又は どのように 派生したのか?



ここ最近の 目に余る

「ヘイト系」等・・ 

時代逆行型の 「ナショナリズム」を外して

このシリーズを鑑賞した






貨幣経済成立前の 人類にとって

「生きる事」=「食の確保 又は 生産」・・・・

先人の生き抜くが故の 弛まぬ 知恵・努力には

ただただ 脱帽





昨今の 近隣国に対しての 「激しい憎悪」・・・・

しかし このシリーズを見ていくに

日本人(縄文〜弥生)成立に関して

近隣国無しでは その成立は 成り立たなかった事を

知るに至る



所謂「鳥瞰図的 視点」と言われるものかもしれない



国境やら 人種やら 宗教等

人を 強化し 操る システムの呪縛から

開放される(それをさせない 利益享受者のトリック)






米国の失墜に始まる

大きな 世界システムの浄化(多分 21世紀の今 劣化はないと信じている)



小さな視点

意図的な 扇動(隣国憎悪を煽る間に 日本国は解決すべき重大課題を抱えているのに



日本人は 特別な皇民だ!!

・・と 幾ら表明したとしても



大きな世界からの視点

そして 大きな 歴史からの視点からすれば



「小さな点」のような 主張でしかない・・・と思います



予断ですが 森に住み始めた頃・・・・

この風景が  どうしても 意識が日ユ同祖論に向いてしまう

(原始日本が ユダヤ源流の方として・・・・)

不思議な感触を得た事も 記述しておきます 


| 渡辺一連 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「過去は未来・未来は過去」・・・そんな「日本人のルーツ」 1
戦時下であれば 大変だったかも・・・・

そんな 騒動を見ていて



日本は?国体は?国民は?

「アノ時代・・・・」へ 逆行が始まったのだろうか???



現在

「あなたが狂っているのか?オレが狂っているのか?」・・を

沈思させられている







人間は間違いばかり起しているのに、
これだけは絶対間違いは起さないなんてどうして云えるだろう。

それも、もし間違ったらおしまいだと云うのに、どうしてそんな事が云えるんだろう。

高い木に登って、自分のまたがってる木の枝を一生懸命切っている阿呆に似ているね。

猿は火を使わない。火は自分達の手に負えない事を知ってるからだ。



ところが、人間は核を使い出した。それが、自分達の手に負えないとは考えないらしい。

火山の爆発が手に負えないのわかっているのに原子力発電所の

爆発ならなんとかなると思ってるのはどうかと思うね。

「原発は安全だ」「危険なのは操作のミスで原発そのものに危険はない」

「絶対ミスは犯さないから問題はない」ってぬかした奴等許せない。

原子力発電が安全だなんて云っていた奴等は、

今、どうしてやがるんだろう。そいつ等の顔が見たいね、全く!



故・黒澤巨匠の言葉・・・・



そんな 昨今

先の大戦の歴史や 宇宙の歴史等

電車移動の空き時間 色々見ながら 考察するきっかけと

なったのが

「過去は未来 未来は過去」・・と言う言葉が きっかけとなっている






今 認識している日本人と言う 概念

政治利用的な概念として 利用される 「ナショナリズム」を

抜きとして



一体 日本人は 何処から派生したのか???



NHKを全面 信用して良いのかは?

さておき

とても 興味深く






世界でも 稀にみる 混血率・・だと言われる

日本の源流を こうして 省みてみると



人間は生き抜くために 「自然との共生の為」

多くの 試行錯誤を繰り返し



海原をみれば 渡ってみたい・・・

食料がなくなれば 生死をとして移動する・・・・



興味深さと 先人達のたゆまぬ挑戦の上に

自分達が存在している事を知らされた



全てがほぼ パッケージングされ

ロボット(又はそれ相当の機械)の方が利便性が高くて

効率的な 社会が成立できるのでは?・・・的



ある飽和点に 所謂 先進国では

「非効率的」な 先人だが



大地・海・自然への尊敬と 信頼が 

「生きる」ベースであった事を 改めて確認させられた



現状の日本システムが 若し 突然停止したと

仮定した時

先人ほど 柔軟に「生きる」事が 出来るだろうか?



課題として 頭に入れておこうと思っています

改めて その2へ・・・





















| 渡辺一連 | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
And Justice for All ・・・・ 民衆の為に「正義」あれ
10月末に 向かい

今までの「正義」(米国式・・と言うべきか)から







大きな 変革期を経て 再認識されるであろう

民衆の為の 「正義」・・・



2000年代に 入り

加速度的に 社会全体が凋落を始めた 日本も

2分化的 「正義」でななく



人道上の「正義」に 目覚めて行く事を 祈る・・・・


| 渡辺一連 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
時代は免疫力UP ちょっとした取り組みで心身アンチエイジングも付録でついてきます!!貴方の日々を 「言霊の光」で包む 13の我流禅語

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・
「WHY」 静寂の音に導かれて・・・ (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
新たなる物語は電子出版に・・
「静寂の音」人生の再起は その邂逅により方向性が変わる
冒険活劇

Recommend

詩集 Early Times
詩集 Early Times (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人はコミニケーション以外にも
様々な「言葉」と暮らしている
この詩集は 一部上場企業時代〜起業 そして主戦場となっあアジアの様々な国の香りを言語化しています
近くの誰か・・には 伝わりづらい分
遠くの誰かに バトンを・・・
共時性と融和し終えての電子出版作品となっています!

Recommend

1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて…
1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて… (JUGEMレビュー »)
渡辺 一連
賑やかだった 80's年代に 賑やかを冷やかに見ていた1980BOYと 再び旅する・・・

Recommend

ジャガイモの詩(大規模農園)
ジャガイモの詩(大規模農園) (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人生初の一次産業従事 過疎高齢エリアでの体験記 写真大目で見て 参加できる農業の裏側

Recommend

Recommend

アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1)
アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1) (JUGEMレビュー »)
ウラジーミル・メグレ
資本主義とは?その自然と相反するイズムを アナスタシアは 大自然との共生から 自然と語る 聞き手の資本家が その懐疑を乗り越えていく 至極の物語 2013年 最高の一冊

Recommend

日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書)
日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
連載掲載中に突然切られてしまった
「越境者的ニッポン」の単行本2冊目
(一部加筆アリ) 3.11関連の素朴な疑問 そして論説は あれ?最近の日本少しおかしいな?と思っている人 必見です!!

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
国民と 非国民を 世間と言う 何とか寄り添っていることで 自己確認をしたい虚構の集合体・・が 「我々は善・我々でなければ 悪」と言う
二分化を イメージで行う?弱者が生きにくい社会は 実は 即強者にも 生きにくい社会である・・・

Recommend

ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ)
ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ) (JUGEMレビュー »)
狩撫 麻礼
20年ぶりに 読み返して この
ボーダーの 訴えん としている事を 20年後の自分が消化中です
あちら側 と こちら側 ・・・と言う テーマに興味のある方には 超お勧めです☆

Recommend

越境者的ニッポン (講談社現代新書)
越境者的ニッポン (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
初めて 読んだ時の衝撃・・・ そしてこの連載を読みだして 氏の執筆本を読み漁っていたジャカルタで 外から見た日本・・・ 3.11以降の今だからこそ 必読の一冊です

Recommend

ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)
ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
森 達也,森巣 博
真実を伝える=メディア

しかし その視点の置き場所によって

真実も変わる・・・

生きる=思考であるとするなら

扇動の裏側の意図を読み取る力を

養うべきでは?

Recommend

賭けるゆえに我あり
賭けるゆえに我あり (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は生きていく限り 何かを「賭す」もの 必勝法は無いが 必敗法はある・・・と言う 逆説的思考を 紐解きながら読むと 又 面白い<
宇多田ヒカル母の記述は 「なるほど」の一言です

Recommend

A
A (JUGEMレビュー »)
ドキュメンタリー映画
真実・報道 視点を何処に置くかで 解釈は大きく変わる
マスコミが マスゴミと 言われる理由を垣間見れる作品です 日本人は思考停止したのか?

Recommend

蒼龍 (文春文庫)
蒼龍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
山本 一力
2009年度 読んでよかった「本」
TOP3確定本
現代の視点からでも 武士がいた頃の
暮らしには 照らし合わせうる「エッセンス」多く内在されいる
読み終えて 力漲る 蒼龍
知恵・人情溢れた 「節わかれ」
「長い串」など オススメします

Recommend

走ることについて語るときに僕の語ること
走ることについて語るときに僕の語ること (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
約一年で主要タイトルを読破して辿り着いた一冊 「村上春樹」と言う 世界が認める才能のエッセンスに触れることができる一冊です

Recommend

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
蒼穹の昴(1) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
「志」与えられるモノではなく 心が紡いでいくもの・・・ 糞拾いの主人公が
織り成す壮大な歴史ドラマです 浅田作品の中でも一級品と言われる理由 読めば解ります

Recommend

Z
Z (JUGEMレビュー »)
梁 石日
何処までを フィクションとして読んで良いのか(特に前半)考えさせられる一冊
アジアの中の日本を再考察させてくれます

Recommend

シェエラザード〈上〉 (講談社文庫)
シェエラザード〈上〉 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
戦時下で考える 人間の尊厳とは? フィクションとは思えない 重厚な歴史小説であり 泣かせる浅田節も さらに読み手を引き込みます

Recommend

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
闇の子供たち (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
梁 石日
出口の無い物語 しかし アジアの何処かの国の 物語・・・と言っても 実際日本も戦時中に 同じような事をしていたのでは?

Recommend

新しい天体 (光文社文庫)
新しい天体 (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
40年前の日本にタイムスリップ

食を通して 政治・人・文化を

ブラックユーモアを交え 食べ歩く 開高節 炸裂の一冊

1970以降に 生まれた方必見です

Recommend

聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた
聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた (JUGEMレビュー »)
片岡 慎介
ただ 流しておくだけ・・・
BGMとしても 読み物としても 有用な一冊です
月と地球の関係は 読み終わると すっかり 理解出来ますよ!!

Recommend

兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1))
兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1)) (JUGEMレビュー »)
杉山 隆男
ここ数年で更に注目度が上がる存在に・・・ 文中の初POK派兵や 奥尻島の災害救護など 兵士からの視点 自衛隊員の本音が 伝わってくる傑作です

Recommend

戦争の克服 (集英社新書)
戦争の克服 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
阿部 浩己,森巣 博,鵜飼 哲
追米が これからの 日本にもたらす物・・・
戦争と言う行為の 意味を
しっかり 考える事の出来る
お勧め本です
怪人モリス氏 敬愛します

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は落ちこぼれる・・そんな嘆きを聞いた事があるが 「一体何から?」 何処から
落ちこぼれたのか? しがみついている物を 一度整理してみては? この本は 「非」では ない 国民が主人公となってます

Recommend

ベトナム戦記 (朝日文庫)
ベトナム戦記 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
独特の視点 食や小物に関してのウイット そして この人の視点からの ベトナム
脱日本人的なスタイルでありながら 正統派でもある 作者を愛してます

Recommend

人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉
人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉 (JUGEMレビュー »)
ジム ロジャーズ
世界を2周回った後 娘を授かった天才投資家
彼の視点は 全てのファンダメンタルに基づいており この先の動向を見据える為にも
読んでおきたい一冊です

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・

私の本棚

Search

Entry

Comment

  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    渡辺一連 (03/08)
  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    b (03/08)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    渡辺一連 (04/15)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    たけし (04/15)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    渡辺一連 (12/31)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    にに (12/30)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    一連 (02/19)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    引山ゆきちゃんラーメン (02/19)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    一連 (02/16)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    サリー (02/15)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

ジオターゲティング
レビュープラス blogram投票ボタン
ブログパーツ
権利確定月