Entry: main  << >>
Pray with Gratitude Full moon 2017/09/06 16:03・・・丸三年 500km以上のアースウォーク満了に関して 最大の感謝を捧ぐ

2014/09/06から 満三年の 我流三位一体のワーク

第一通過点である 満願 丸三年

そんな中 三年前 

「さぁ 今日から 歩いてみよう」

と 決めた あの日の頃

満願となる 

 

 

石(意思)の上で三年・・

 

の日が 感謝の満月である事など 露も知らず・・ 笑)

 

 

アースウォークを始めた きっかけは

サンゲージング 1サイクル完了〜その仕上げの為

この当時は 移住後でも まだまだ マインド志向的な 自分だった

 

何せ 松果体を活性させて 変身したい??爆)

そんな 愚かな 願望を 真剣に纏っていた時期

 

 

アースウォークを 始めての 三ヶ月間は

今も 思い返す事 多き時期

それまで 加圧やら 糖質制限やら

メディアが押すもの 人から薦められてもの 手当たり次第の 

所謂 ダイエット??(男性は余り使う言葉ではない・・との立場 男性なら 抑制とワークでは?)を

過去 挑戦してきた自分自身の身体が

その 十数年分の 塵芥が 足裏か抜けていくように 18kgも 身体は 自然と削げて行った

 

 

同時に 身体内部は 爆発的に エネルギーが活性され

行き成りの 超健康体体感に 自分自身も翻弄され 身近な人にも迷惑を掛けた時期が

その年始 インド入りが 急遽 空港にて変更となり 運ばれた先

ホーチミンまで 続いた

 

 

あの日 

あの場所での 人生至上 最大 至高 けれど

血肉にする為の 咀嚼期間は まだまだ・・(これは 2018/01/15 丸三年を経てから 記述予定です)

運営Blogの 方向性まで 変えた あの体験 体感は

それ以降の ワーク全体も どんどん 改変へと 導いた

 

 

それは 同年 ワークに追加された ツリーハグしかり

人生最悪の時期に 今思えば 頭志向(松果体活性への欲望にも似た すがりつき)で

行っていたが・・ 約20年 その後忘れていた 立禅としての ラティハンしかり・・

 

 

松果体を含め 身体が 整った・・と 誤認識の上で

ワーク意識を 土台(第一チャクラ)ではなく 行き成り第七チャクラに向けていた

2015年全般から 勢いで 出向いた 南インド 2016年年始

 

 

かの地で あの ヨギや レイキの イニシエーションがなければ

又しても 自己爆発??していたような??

あの地で 受け取ったものの 消化全般に傾けた 2016年

 

やっと?? 松果体の活性が 進まない 理由を 

ワーク中に ビジョンを得た

 

 

45年近く 心身均整に関して ハート側で 紐解いた事などなかった自分

自我 エゴ マインドを 排除し終えている!!と ワーク自体の効能を

誤認識してきた 愚かさとの対面も 2016年 何度も させられた

 

 

その時の 気付き = アースウォークを含めた 土台(接地・地氣による マインドデトックス)活性は

二年とか?? そんな 短い期間で 終わる訳がない

若しかしたら? 終生掛かっても おかしくない 何故なら

盲目での 45年間と 等分 = 45年掛かったとしても 全く おかしくないのだから・・・・

 

 

この 気付き以降

ワーク取り組みは それまでの 達成願望的??な マインドではなく

淡々と

けれど 日々 楽しみながら

それまで以上に 第一チャクラ 根 としての 裸足歩行に

全ての意識を整えた

 

 

土壌が整い 気候が揃えば 自ずと 花咲く 花のように・・・

 

 

やっと そんな気楽さを 養えるようになってきたのが

今年の年始以降

 

振り返れば あっ・・と 言う間の 三年間

歩速計算からすると 一日アベレージ 1時間×365日 × 三年で

既に 500km以上は 当地 関東 名古屋 台湾 南インド 富士の麓 鹿児島

韓国 ヴェトナム e.t.c. 歩いてきた事を ふと思い立ち 計算した 自分が 驚いた

 

 

決して そこまで 根気強かった訳ではない

フィーリングタイプなので 気移りしやすかった 自分が

一日も休まず

 

 

只管 毎日 裸足で歩き ワークを加算し続けて来れるとは?

 

今日の感謝は 丸三年分

発心(気付き)〜取り組み〜見守り続け その都度ぶれを補正してくれるハート

 

 

まだまだ 自分自身でも 知らない

自分自身が 好み 自ら 動いてきた この丸三年間に 深き 感謝を捧げていきます

 

 

何処かで 誰かが

この地氣の効能と 対面し

その効能は 単に 健康(身体)だけではなく 意識の成長に 絶大なる効果がある事は

この次の 経過点 丸五年まで(多分) こちらで 日々 日々 執筆を続けていますので

興味のある方

実際 取り組みを始めてみた方は 是非 ご参加 下さい

 

さぁ 丸三年

けれど この次 丸五年への 通過点

そんな 天恵の満月を 感謝と共に 迎えよう!

 

森羅親愛合掌

 

| 渡辺一連 | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 06:10 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

 
時代は免疫力UP ちょっとした取り組みで心身アンチエイジングも付録でついてきます!!貴方の日々を 「言霊の光」で包む 13の我流禅語

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・
「WHY」 静寂の音に導かれて・・・ (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
新たなる物語は電子出版に・・
「静寂の音」人生の再起は その邂逅により方向性が変わる
冒険活劇

Recommend

詩集 Early Times
詩集 Early Times (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人はコミニケーション以外にも
様々な「言葉」と暮らしている
この詩集は 一部上場企業時代〜起業 そして主戦場となっあアジアの様々な国の香りを言語化しています
近くの誰か・・には 伝わりづらい分
遠くの誰かに バトンを・・・
共時性と融和し終えての電子出版作品となっています!

Recommend

1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて…
1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて… (JUGEMレビュー »)
渡辺 一連
賑やかだった 80's年代に 賑やかを冷やかに見ていた1980BOYと 再び旅する・・・

Recommend

ジャガイモの詩(大規模農園)
ジャガイモの詩(大規模農園) (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人生初の一次産業従事 過疎高齢エリアでの体験記 写真大目で見て 参加できる農業の裏側

Recommend

Recommend

アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1)
アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1) (JUGEMレビュー »)
ウラジーミル・メグレ
資本主義とは?その自然と相反するイズムを アナスタシアは 大自然との共生から 自然と語る 聞き手の資本家が その懐疑を乗り越えていく 至極の物語 2013年 最高の一冊

Recommend

日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書)
日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
連載掲載中に突然切られてしまった
「越境者的ニッポン」の単行本2冊目
(一部加筆アリ) 3.11関連の素朴な疑問 そして論説は あれ?最近の日本少しおかしいな?と思っている人 必見です!!

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
国民と 非国民を 世間と言う 何とか寄り添っていることで 自己確認をしたい虚構の集合体・・が 「我々は善・我々でなければ 悪」と言う
二分化を イメージで行う?弱者が生きにくい社会は 実は 即強者にも 生きにくい社会である・・・

Recommend

ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ)
ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ) (JUGEMレビュー »)
狩撫 麻礼
20年ぶりに 読み返して この
ボーダーの 訴えん としている事を 20年後の自分が消化中です
あちら側 と こちら側 ・・・と言う テーマに興味のある方には 超お勧めです☆

Recommend

越境者的ニッポン (講談社現代新書)
越境者的ニッポン (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
初めて 読んだ時の衝撃・・・ そしてこの連載を読みだして 氏の執筆本を読み漁っていたジャカルタで 外から見た日本・・・ 3.11以降の今だからこそ 必読の一冊です

Recommend

ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)
ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
森 達也,森巣 博
真実を伝える=メディア

しかし その視点の置き場所によって

真実も変わる・・・

生きる=思考であるとするなら

扇動の裏側の意図を読み取る力を

養うべきでは?

Recommend

賭けるゆえに我あり
賭けるゆえに我あり (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は生きていく限り 何かを「賭す」もの 必勝法は無いが 必敗法はある・・・と言う 逆説的思考を 紐解きながら読むと 又 面白い<
宇多田ヒカル母の記述は 「なるほど」の一言です

Recommend

A
A (JUGEMレビュー »)
ドキュメンタリー映画
真実・報道 視点を何処に置くかで 解釈は大きく変わる
マスコミが マスゴミと 言われる理由を垣間見れる作品です 日本人は思考停止したのか?

Recommend

蒼龍 (文春文庫)
蒼龍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
山本 一力
2009年度 読んでよかった「本」
TOP3確定本
現代の視点からでも 武士がいた頃の
暮らしには 照らし合わせうる「エッセンス」多く内在されいる
読み終えて 力漲る 蒼龍
知恵・人情溢れた 「節わかれ」
「長い串」など オススメします

Recommend

走ることについて語るときに僕の語ること
走ることについて語るときに僕の語ること (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
約一年で主要タイトルを読破して辿り着いた一冊 「村上春樹」と言う 世界が認める才能のエッセンスに触れることができる一冊です

Recommend

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
蒼穹の昴(1) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
「志」与えられるモノではなく 心が紡いでいくもの・・・ 糞拾いの主人公が
織り成す壮大な歴史ドラマです 浅田作品の中でも一級品と言われる理由 読めば解ります

Recommend

Z
Z (JUGEMレビュー »)
梁 石日
何処までを フィクションとして読んで良いのか(特に前半)考えさせられる一冊
アジアの中の日本を再考察させてくれます

Recommend

シェエラザード〈上〉 (講談社文庫)
シェエラザード〈上〉 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
戦時下で考える 人間の尊厳とは? フィクションとは思えない 重厚な歴史小説であり 泣かせる浅田節も さらに読み手を引き込みます

Recommend

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
闇の子供たち (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
梁 石日
出口の無い物語 しかし アジアの何処かの国の 物語・・・と言っても 実際日本も戦時中に 同じような事をしていたのでは?

Recommend

新しい天体 (光文社文庫)
新しい天体 (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
40年前の日本にタイムスリップ

食を通して 政治・人・文化を

ブラックユーモアを交え 食べ歩く 開高節 炸裂の一冊

1970以降に 生まれた方必見です

Recommend

聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた
聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた (JUGEMレビュー »)
片岡 慎介
ただ 流しておくだけ・・・
BGMとしても 読み物としても 有用な一冊です
月と地球の関係は 読み終わると すっかり 理解出来ますよ!!

Recommend

兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1))
兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1)) (JUGEMレビュー »)
杉山 隆男
ここ数年で更に注目度が上がる存在に・・・ 文中の初POK派兵や 奥尻島の災害救護など 兵士からの視点 自衛隊員の本音が 伝わってくる傑作です

Recommend

戦争の克服 (集英社新書)
戦争の克服 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
阿部 浩己,森巣 博,鵜飼 哲
追米が これからの 日本にもたらす物・・・
戦争と言う行為の 意味を
しっかり 考える事の出来る
お勧め本です
怪人モリス氏 敬愛します

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は落ちこぼれる・・そんな嘆きを聞いた事があるが 「一体何から?」 何処から
落ちこぼれたのか? しがみついている物を 一度整理してみては? この本は 「非」では ない 国民が主人公となってます

Recommend

ベトナム戦記 (朝日文庫)
ベトナム戦記 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
独特の視点 食や小物に関してのウイット そして この人の視点からの ベトナム
脱日本人的なスタイルでありながら 正統派でもある 作者を愛してます

Recommend

人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉
人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉 (JUGEMレビュー »)
ジム ロジャーズ
世界を2周回った後 娘を授かった天才投資家
彼の視点は 全てのファンダメンタルに基づいており この先の動向を見据える為にも
読んでおきたい一冊です

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・

私の本棚

Search

Entry

Comment

  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    渡辺一連 (03/08)
  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    b (03/08)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    渡辺一連 (04/15)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    たけし (04/15)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    渡辺一連 (12/31)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    にに (12/30)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    一連 (02/19)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    引山ゆきちゃんラーメン (02/19)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    一連 (02/16)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    サリー (02/15)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

ジオターゲティング
レビュープラス blogram投票ボタン
ブログパーツ
権利確定月