Entry: main  << >>
Pray with Gratitude Full moon 2018/03/31 21:37・・・本当に有難うみゃこ&又逢える日まで忘れないよ!!

昨年の年末から年始

年始以降〜3/2(ブルームーン 一回目の吹雪の満月)

この期間は 体重7Kg分 自分の中から 生体エネルギーを 燃やす

大激流の中に居た

 

 

前回の満月以降 その激流を乗り越え終えてみて

「諦めない事」「自分自身を疑心しない事」

これらを 手放さない・・と 立ちすくんだ力量分 生体エネルギーを

運動とか?物理的なモノではなく 意識作用だけで 燃やしていた事に

気付かされた

 

 

現在は その反動にて 置き去りにしていた??

身体の悲鳴と向かい合っている(三位一体のワークは欠かさず・・だったが)

かなり急激な 生体エネルギーの 燃焼に 身体が追いついて居なかったのだと

先の新月〜春分にて 右肩から腕全体の 激痛 痺れの 意味を 噛み締めている

この中長期の痛み 痺れは 移住後初めて

 

 

体験者本人の 意識は やっと 先の新月前後に

この痛みの骨格を 掴み 痛みから学びと成長を!!へ 

地中アーシングを含めた 複合ケア&意識内観を始めていた

その新月の前日に 愛猫みゃこが 他界した

 

とても悲しい・・ けれど 

これは 1/11に ある程度 予感させられる

出来事を実は通過していた

(これは もう少し 未だ抱えている この深き悲しみを昇華時間を過ごしてから メインBlogにて)

 

その時の ギフトされたビジョンとは・・??

 

昔のマインドの間々・・の自分だったら

今回の激流を乗り越えれなかったのよ!

・・・と 同時に

乗り越えを 終える頃

人身御供では無いが 近親から 何かしらの犠牲が伴うよ!

(何時も得ている ビジョンは 男性性的なモノだが 移住後初 女性性のビジョンをこの夜 ギフトされていた)

 

とても 昇華しづらい ビジョンだったが

ビジョンを得ていた以上 何かしら深層意識は覚悟はしていた  

そして・・・これが 現実化された

 

 

それが 愛猫となるとは・・ 悲)

 

無料記事)光性の想念・・ 新しき家族に まつわる 少し 不思議な話 前編

無料記事)光性の想念・・ 新しき家族に まつわる 少し 不思議な話 後編

 

 

詳しくは 無料開放に切り替えた 記事にて・・

 

本当に不思議な出会いから 始まった みゃことの日々

年老いた後 うちにやって来た分 全く 手の掛からなかったみゃこ

 

1/11 自分自身の ・・とある 体験の 翌日

てんかんを起こした(ほぼ その体験と同時刻)事を聞かされた

上記 ビジョンを受け取った翌日 しかも

まだまだ 当事者 大激流の最中・・

 

けれど みゃこは てんかん??そんな事あったかな??見たいに

完全復活 〜 自分自身の 激流の 最終地点 3/2満月の日ですら

何の 兆候も無かった・・

 

 

無料記事)我流 サンゲージング&アーシング・・2016年最後の新月 15:53 素直な身体に関して

 

今夜 ブルームーン二回目の満月を迎える前

前回の満月に こんな文言を書いていた

 

「月末の 二回目の満月には 今 ここで 記述している意識が

 創り上げているであろう 自分自身が どんな感謝を捧げているのか??」

 

自分自身の想念に 負けず

見えなかった 道筋もはっきりした あの日の満月以降

流れは 一気に好転(意識面は 最悪と言うか?更なる弧に徹し続けているが)

 

そして ビジョン通り?? 3/14 

新しい仕事に向かう 早朝 母屋にて

今まで みゃこから 聞いた事のない 悲痛な泣き声と対面

しかも 猫ならではの 人目の付かない 物陰・・に 居た 

 

猫は 死する時 物陰や 人目を避ける・・と 過去猫との暮らしで学んでいたので

当然 この朝 腹を括った

 

あの泣き声

あの悲痛な痙攣

仕事も手に付かない・・・ そうは行かない 浜の職人稼業

けれど ハートは 浜にはおらず 旅立ったであろう みゃこに・・

けれど 帰宅すると? 未だ 健気に生きていた

涙は出ないけれど 激しかった 年末年始〜先の満月までの

心情吐露的 脱力と 喜びと・・ もう表現出来る 語彙は見つからない

 

翌日も 衰退の一途・・・ 当然 早寝を要求される 仕事故

お別れとと共に 就寝 残りは 母屋で 付きっ切りの お袋に託した

(この二日間が 本当に辛かった)

 

そして 新月を迎える 前日の朝

5:45 小さな 嘔吐と 共に 天空へと 旅立った

前日夜 もう会えない・・と 覚悟を決めていたが 

自分が こうして 旅立ちに立ち会えた事

 

これを 感謝せず 何に 本日感謝を捧げれるのだろう?

合わせて 月始 ブルームーン一回目の満月に イメージしていた

この感謝の満月 二回目・・・・

 

まさか・・ みゃことの お別れは イメージ出来てなかった

ビジョンは 本当に 正確なものだったんだなぁ 悲)

 

みゃこ 有難う

本当に 心労激しい 年末年始〜変容の1歩を切った 先の満月だったよ!

俺が 命を 縮ませてしまったね・・・ ごめんよ

 

そして 改めて 有難う

一緒に 暮らし 一緒に歩いた 大地

これからは 一人だけど 毎日歩いていくよ!

 

この変容に 身を賭してくれた みゃこの 想いの分

しっかり ギフトされ続けている ビジョンや 真理 愛と信頼 揺るがず

次に 会える場所 天空・・まで 俺 生き抜くので!

安らかに・・・

 

3/16から 意識は抜け殻気味

その状況の中で サディスティックな自己に 俄然苛まれ続けているけど

人身御供を出してしまった この流れの 次は??

必ず 祝祭への道・・に してくので! 

 

さようなら 

そして もう一度 有難うみゃこ

少し この満月で ハートが落ち着きを取り戻せてきたよ・・・

未だに ストーブの前で 探してしまうし

アーシングマットから ひょっこり 顔を出してくる気がしてならないけど・・・

 

 

Remember You すべて忘れたとしても

Remember You 君を憶えているよ

僕の目が耳が口が胸が どうやっても君から離れない

 

Remember You すべて無くしたとしても

Remember You 僕は憶えているよ

君の目を耳を口を胸を そうさ今も忘れられないのさ

 

Hey Hey Hey すべては変わってしまった

Hey Hey Hey すべては消えてしまった

この手の中には もう何もない 空っぽの夜が ただ笑ってるだけ

 

Remember You 今は何も見えないよ

Remember You 何も聞こえはしないよ

君の目に耳に口に胸に どうやっても二度と届かない

 

Hey Hey Hey すべては変わってしまった

Hey Hey Hey すべては消えてしまった

この手の中には もう何もない 空っぽの夜が ただ笑ってるだけ

 

Remember You すべて忘れてしまった

Remember You だけど憶えているよ

君の目が耳が口が胸が どうやっても僕から離れない

 

 

どうやっても僕から離れない・・・・

 

忘れないよ みゃこ

毎年 3月の新月を迎える前日に みゃこを 想いだして行くよ!

この2018年年始〜ブルームーン一回目の満月 3/2までの 日々も

心情も 全て 忘れないよ!

 

次に逢う場所で 

安らかに 待っててね!

 

森羅親愛合掌

 

| 渡辺一連 | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 16:55 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

 
時代は免疫力UP ちょっとした取り組みで心身アンチエイジングも付録でついてきます!!貴方の日々を 「言霊の光」で包む 13の我流禅語

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・
「WHY」 静寂の音に導かれて・・・ (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
新たなる物語は電子出版に・・
「静寂の音」人生の再起は その邂逅により方向性が変わる
冒険活劇

Recommend

詩集 Early Times
詩集 Early Times (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人はコミニケーション以外にも
様々な「言葉」と暮らしている
この詩集は 一部上場企業時代〜起業 そして主戦場となっあアジアの様々な国の香りを言語化しています
近くの誰か・・には 伝わりづらい分
遠くの誰かに バトンを・・・
共時性と融和し終えての電子出版作品となっています!

Recommend

1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて…
1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて… (JUGEMレビュー »)
渡辺 一連
賑やかだった 80's年代に 賑やかを冷やかに見ていた1980BOYと 再び旅する・・・

Recommend

ジャガイモの詩(大規模農園)
ジャガイモの詩(大規模農園) (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人生初の一次産業従事 過疎高齢エリアでの体験記 写真大目で見て 参加できる農業の裏側

Recommend

Recommend

アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1)
アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1) (JUGEMレビュー »)
ウラジーミル・メグレ
資本主義とは?その自然と相反するイズムを アナスタシアは 大自然との共生から 自然と語る 聞き手の資本家が その懐疑を乗り越えていく 至極の物語 2013年 最高の一冊

Recommend

日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書)
日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
連載掲載中に突然切られてしまった
「越境者的ニッポン」の単行本2冊目
(一部加筆アリ) 3.11関連の素朴な疑問 そして論説は あれ?最近の日本少しおかしいな?と思っている人 必見です!!

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
国民と 非国民を 世間と言う 何とか寄り添っていることで 自己確認をしたい虚構の集合体・・が 「我々は善・我々でなければ 悪」と言う
二分化を イメージで行う?弱者が生きにくい社会は 実は 即強者にも 生きにくい社会である・・・

Recommend

ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ)
ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ) (JUGEMレビュー »)
狩撫 麻礼
20年ぶりに 読み返して この
ボーダーの 訴えん としている事を 20年後の自分が消化中です
あちら側 と こちら側 ・・・と言う テーマに興味のある方には 超お勧めです☆

Recommend

越境者的ニッポン (講談社現代新書)
越境者的ニッポン (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
初めて 読んだ時の衝撃・・・ そしてこの連載を読みだして 氏の執筆本を読み漁っていたジャカルタで 外から見た日本・・・ 3.11以降の今だからこそ 必読の一冊です

Recommend

ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)
ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
森 達也,森巣 博
真実を伝える=メディア

しかし その視点の置き場所によって

真実も変わる・・・

生きる=思考であるとするなら

扇動の裏側の意図を読み取る力を

養うべきでは?

Recommend

賭けるゆえに我あり
賭けるゆえに我あり (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は生きていく限り 何かを「賭す」もの 必勝法は無いが 必敗法はある・・・と言う 逆説的思考を 紐解きながら読むと 又 面白い<
宇多田ヒカル母の記述は 「なるほど」の一言です

Recommend

A
A (JUGEMレビュー »)
ドキュメンタリー映画
真実・報道 視点を何処に置くかで 解釈は大きく変わる
マスコミが マスゴミと 言われる理由を垣間見れる作品です 日本人は思考停止したのか?

Recommend

蒼龍 (文春文庫)
蒼龍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
山本 一力
2009年度 読んでよかった「本」
TOP3確定本
現代の視点からでも 武士がいた頃の
暮らしには 照らし合わせうる「エッセンス」多く内在されいる
読み終えて 力漲る 蒼龍
知恵・人情溢れた 「節わかれ」
「長い串」など オススメします

Recommend

走ることについて語るときに僕の語ること
走ることについて語るときに僕の語ること (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
約一年で主要タイトルを読破して辿り着いた一冊 「村上春樹」と言う 世界が認める才能のエッセンスに触れることができる一冊です

Recommend

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
蒼穹の昴(1) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
「志」与えられるモノではなく 心が紡いでいくもの・・・ 糞拾いの主人公が
織り成す壮大な歴史ドラマです 浅田作品の中でも一級品と言われる理由 読めば解ります

Recommend

Z
Z (JUGEMレビュー »)
梁 石日
何処までを フィクションとして読んで良いのか(特に前半)考えさせられる一冊
アジアの中の日本を再考察させてくれます

Recommend

シェエラザード〈上〉 (講談社文庫)
シェエラザード〈上〉 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
戦時下で考える 人間の尊厳とは? フィクションとは思えない 重厚な歴史小説であり 泣かせる浅田節も さらに読み手を引き込みます

Recommend

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
闇の子供たち (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
梁 石日
出口の無い物語 しかし アジアの何処かの国の 物語・・・と言っても 実際日本も戦時中に 同じような事をしていたのでは?

Recommend

新しい天体 (光文社文庫)
新しい天体 (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
40年前の日本にタイムスリップ

食を通して 政治・人・文化を

ブラックユーモアを交え 食べ歩く 開高節 炸裂の一冊

1970以降に 生まれた方必見です

Recommend

聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた
聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた (JUGEMレビュー »)
片岡 慎介
ただ 流しておくだけ・・・
BGMとしても 読み物としても 有用な一冊です
月と地球の関係は 読み終わると すっかり 理解出来ますよ!!

Recommend

兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1))
兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1)) (JUGEMレビュー »)
杉山 隆男
ここ数年で更に注目度が上がる存在に・・・ 文中の初POK派兵や 奥尻島の災害救護など 兵士からの視点 自衛隊員の本音が 伝わってくる傑作です

Recommend

戦争の克服 (集英社新書)
戦争の克服 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
阿部 浩己,森巣 博,鵜飼 哲
追米が これからの 日本にもたらす物・・・
戦争と言う行為の 意味を
しっかり 考える事の出来る
お勧め本です
怪人モリス氏 敬愛します

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は落ちこぼれる・・そんな嘆きを聞いた事があるが 「一体何から?」 何処から
落ちこぼれたのか? しがみついている物を 一度整理してみては? この本は 「非」では ない 国民が主人公となってます

Recommend

ベトナム戦記 (朝日文庫)
ベトナム戦記 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
独特の視点 食や小物に関してのウイット そして この人の視点からの ベトナム
脱日本人的なスタイルでありながら 正統派でもある 作者を愛してます

Recommend

人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉
人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉 (JUGEMレビュー »)
ジム ロジャーズ
世界を2周回った後 娘を授かった天才投資家
彼の視点は 全てのファンダメンタルに基づいており この先の動向を見据える為にも
読んでおきたい一冊です

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・

私の本棚

Search

Entry

Comment

  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    渡辺一連 (03/08)
  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    b (03/08)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    渡辺一連 (04/15)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    たけし (04/15)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    渡辺一連 (12/31)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    にに (12/30)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    一連 (02/19)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    引山ゆきちゃんラーメン (02/19)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    一連 (02/16)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    サリー (02/15)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

ジオターゲティング
レビュープラス blogram投票ボタン
ブログパーツ
権利確定月