Entry: main  << >>
Pray for Nothingness 新月2019/01/06 10:06・・あぁ 昨年の山羊座新月から丸一年かぁ そんな感慨と共に

ボイドタイム 満喫中

そんな中 告知・表現(時勢に関して=リマインダーが近未来 その意味を教えてくれる)に

絞って 利用している FBが これで 都合3回目の 凍結を受けている

差別用語を 使うのは 駄目ですよ!

この注意喚起文の中の自分ではなく 2015-2016年 FB上でも 乱れ飛んでいた

レイシズムに直結する 単語を 並べて その愚公は駄目!との記述に

三回も??(二回目位で 記事削除して置かなかった自分のミスなのかも??)

 

まぁ 相手は WEB内を巡回する 監視ロボットソフト故

人間的 あれこれ・・など 幾ら 訴えても 毎度 3−7日 凍結 一方的!と

なってます 笑)

 

 

さて新年早々 しかも 自分の持ち星座である 山羊座

2018年荒波の中で 多くの時間を割いて

 

「何故 自分は 2017/12/12〜2018/01/10まで 暗闇の中に

 隔離されたのか??」

 

この問いに関して リサーチを続けていた中

 

49歳(当時)にて 初めて 1969-01-18 自分の生まれたのが

山羊座の新月の日 そして 土曜日・・だと 知るに至ったのが

2018/6/21 夏至にて 今年2019年以降 自分が進んでいく「道」に

関して 膨大なビジョンを受け取って 以降 〜 同年6月に

山羊座の満月を迎えるに辺り・・・ ハートが 自分と天体とは?の

リサーチに駆り出した これも自分には驚き 何故なら 移住を持って

似非スピ マインド型ガイダンス 占い チャネラーe.t.c.・・ 彼ら 彼女らの

とても 不均整な波動に嫌悪感が沸いていた自分が 天体(西洋占星術)を調べるとは・・驚)

 

 

2014年 又は 正確には 2015/年始以降

全く持って ワンパターンな シンプル(動きはとても激しい一次産業の海と大地)な繰り返しを

丸三年 毎日繰り返してきた

浜 又は大地で 人一倍汗をかき

毎日 大地を歩き 樹々と繋がり 太陽を時間許す限り凝視(晴れ間=必ず 平均15-30分)

新月には 祈りを

満月には 感謝を 捧げ

2016年以降は 意識して 満月・新月サイクル内にて 療養温泉 又は擬似スウェッドロッジの温泉

どちらかにて 全身アーシング状態で 地・天の氣と深い瞑想

体感されたもののみ 運営Blogにて 記述

 

ただただ シンプル 

ただただ 内観的な 繰り返しの 丸三年を 送っていた・・が これは

 

自分自身が 自分自身と 移住前思い込んでいた 性格・性向とは 全く 掛け離れた

淡々さ・・・ だが 人生で初めて 自分自身の根気を垣間見つつ 

どんどん 心身共に 変貌していく様を 全て体感ベースで手にさせて貰えた

三年間となった 所謂 人生が転換した時期

 

 

けれど 2017/09 本来なら 気負わず 通過すれば良かったのに?

何か?偉業を達成し終えたような?? とても エネルギーを 外側に発する形の慢心さを

纏っていた・・と 振り返り 反省している それらを外側に向けず

内側に「統合」させておけば 2017/12 冬至に 多分 昨年冬至に体感したモノ

手にし終えていた = 土星やぎ座時代(2021年まで)を 前進的にスタートさせれたモノだった・・

 

悔やみとか?では 無いが 

ちと・・・ 勿体無いなぁと 振り返るのだが

その反面

 

2018年の激動 激変は 慢心がどんな現実をもたらすのか??を

嫌と言うほど 実地にて 徹底的に 身につまされる形で ギフトされ

氣を折らず 2018年 年始のビジョン

 

・周波数を上げる!(受け取り方意識の向上・自己発信の波動の向上)

・機会を活かす(特に不可測にギフトされる現実は特に!)

・受け取る状況に不平不満を言わず 全て 更なる学びへ昇華

 

・・・・を ある意味歯を食いしばる形で 学びと共に乗り越え

あの 冬至に至れたので 

一年遅れで ある意味 良かった・・と 今 ここ・・の 新月前にて 総括を終えた!

 

血肉として 脈打つ 2018年の あの日々

ワーク自体も 冬至にて改変を終えての 新年

人生でも ここまで 寛いでいる自分を見つめた事はない・・ 生涯初の寛ぎと安寧

 

 

これらの 諸感覚から 省みれば

「慢心」全てを 「悪」として 隅には追いやれない・・苦笑)

それら 外側に向けたエネルギーを 内部へ転換させる為には

特に 頑固 几帳面 くそ真面目な気質の自分には 

「人生感を変える位の衝撃」

・・が無ければ 目は覚めなかっただろうから・・

そう考察すると 全ての辻褄が瞬時にあっていると頷くしか出来ない2018年全般だった笑)

 

もう 時は 2019年 驚)

そして 昨年の 自分も 同じ山羊座の新月の記述を行っているが

その時点 それが 一年の中でも 一番大切な 新月である事

(自分自身が 1969/01/18の山羊座新月 どんぴしゃで この世に運ばれている事)

など 知りもせず・・ だった・・が

 

2019年 本日 気付き 学びを終えた 自分には

この新月が とても大切な事を 血肉レベルで理解し終えて迎える

しかも 年初早々

 

新月=部分日蝕

満月=皆既月蝕

 

とても 奇異な形で スタートされる この年 この月なので!

 

一挙手一投足 この新月から

 

「直感」>過去体験からしか 道を 導き出せない 左脳的マインド

「受け取る現実」=普段の深層意識

「信頼」=2017/満月にギフトされ 先の冬至に開花したもの

 

全てのエネルギーを 内側に統合

これが 2018年を 乗り越え終えた自分自身に伝え 祈る大事な事

2019年 全般の

・自己否定の完全排除〜完全な自己容認

・2017−2018年のビジョン おさらい(2018年末に追加されワークを通して)

・統合

と合わせて ONタイムにて 天然療養温泉 露天風呂にて 祈ります!

 

何故だか 分かりませんが

一言・・ 2018年 本当に有難う!

こうして 自分自身が全て納得づくで 乗り越えれた事=天の助力を深く感じれた事

天の助力の源は?? 

 

これ 即ち 今・ここ・・の 想念〜想像であり 自分自身の一秒単位での

一挙手一投足 である・・と 血肉で理解させて貰えた 稀有な年であった事を!!

 

 

夕景 Marine Mirage

キミの横でいつも笑っていたい

嗚呼 夏の星空に想いよ届け

 

悠久 Marine Blue

 

広がる空 いつもと同じ海

嗚呼 夏の流星に想いよ届け

この景色がこの魔法が

ずっとずっと続くように願いを込めて

そっと唄うから

 

全く整合性が 無いような この一曲

けれど 2018年最終章 何度 この曲に助けられたか?知れない

こんな曲に HITする 自分に驚きつつ

 

世は 不思議が多い方が 楽しめる

苦難と言う不思議

不平不満や 不安と言う不思議 過去・未来しか考察できないマインドならでは・・・

 

それらを 高みから見下ろせる 自分になれた事

それを 気付かせてくれた 森羅・天体

 

こんな 一曲なのだが

自分には その転換最終章と深くリンクされているので・・・笑)

 

森羅親愛合掌

 

 

| 渡辺一連 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 09:06 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

 
時代は免疫力UP ちょっとした取り組みで心身アンチエイジングも付録でついてきます!!貴方の日々を 「言霊の光」で包む 13の我流禅語

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・
「WHY」 静寂の音に導かれて・・・ (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
新たなる物語は電子出版に・・
「静寂の音」人生の再起は その邂逅により方向性が変わる
冒険活劇

Recommend

詩集 Early Times
詩集 Early Times (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人はコミニケーション以外にも
様々な「言葉」と暮らしている
この詩集は 一部上場企業時代〜起業 そして主戦場となっあアジアの様々な国の香りを言語化しています
近くの誰か・・には 伝わりづらい分
遠くの誰かに バトンを・・・
共時性と融和し終えての電子出版作品となっています!

Recommend

1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて…
1980BOYと共に 行く先のないバスにゆられて… (JUGEMレビュー »)
渡辺 一連
賑やかだった 80's年代に 賑やかを冷やかに見ていた1980BOYと 再び旅する・・・

Recommend

ジャガイモの詩(大規模農園)
ジャガイモの詩(大規模農園) (JUGEMレビュー »)
Jules ・一連・Winfield
人生初の一次産業従事 過疎高齢エリアでの体験記 写真大目で見て 参加できる農業の裏側

Recommend

Recommend

アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1)
アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1) (JUGEMレビュー »)
ウラジーミル・メグレ
資本主義とは?その自然と相反するイズムを アナスタシアは 大自然との共生から 自然と語る 聞き手の資本家が その懐疑を乗り越えていく 至極の物語 2013年 最高の一冊

Recommend

日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書)
日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
連載掲載中に突然切られてしまった
「越境者的ニッポン」の単行本2冊目
(一部加筆アリ) 3.11関連の素朴な疑問 そして論説は あれ?最近の日本少しおかしいな?と思っている人 必見です!!

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
国民と 非国民を 世間と言う 何とか寄り添っていることで 自己確認をしたい虚構の集合体・・が 「我々は善・我々でなければ 悪」と言う
二分化を イメージで行う?弱者が生きにくい社会は 実は 即強者にも 生きにくい社会である・・・

Recommend

ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ)
ボーダー vol.1―迷走王 (1) (双葉文庫 た 33-1 名作シリーズ) (JUGEMレビュー »)
狩撫 麻礼
20年ぶりに 読み返して この
ボーダーの 訴えん としている事を 20年後の自分が消化中です
あちら側 と こちら側 ・・・と言う テーマに興味のある方には 超お勧めです☆

Recommend

越境者的ニッポン (講談社現代新書)
越境者的ニッポン (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
森巣 博
初めて 読んだ時の衝撃・・・ そしてこの連載を読みだして 氏の執筆本を読み漁っていたジャカルタで 外から見た日本・・・ 3.11以降の今だからこそ 必読の一冊です

Recommend

ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)
ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
森 達也,森巣 博
真実を伝える=メディア

しかし その視点の置き場所によって

真実も変わる・・・

生きる=思考であるとするなら

扇動の裏側の意図を読み取る力を

養うべきでは?

Recommend

賭けるゆえに我あり
賭けるゆえに我あり (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は生きていく限り 何かを「賭す」もの 必勝法は無いが 必敗法はある・・・と言う 逆説的思考を 紐解きながら読むと 又 面白い<
宇多田ヒカル母の記述は 「なるほど」の一言です

Recommend

A
A (JUGEMレビュー »)
ドキュメンタリー映画
真実・報道 視点を何処に置くかで 解釈は大きく変わる
マスコミが マスゴミと 言われる理由を垣間見れる作品です 日本人は思考停止したのか?

Recommend

蒼龍 (文春文庫)
蒼龍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
山本 一力
2009年度 読んでよかった「本」
TOP3確定本
現代の視点からでも 武士がいた頃の
暮らしには 照らし合わせうる「エッセンス」多く内在されいる
読み終えて 力漲る 蒼龍
知恵・人情溢れた 「節わかれ」
「長い串」など オススメします

Recommend

走ることについて語るときに僕の語ること
走ることについて語るときに僕の語ること (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
約一年で主要タイトルを読破して辿り着いた一冊 「村上春樹」と言う 世界が認める才能のエッセンスに触れることができる一冊です

Recommend

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
蒼穹の昴(1) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
「志」与えられるモノではなく 心が紡いでいくもの・・・ 糞拾いの主人公が
織り成す壮大な歴史ドラマです 浅田作品の中でも一級品と言われる理由 読めば解ります

Recommend

Z
Z (JUGEMレビュー »)
梁 石日
何処までを フィクションとして読んで良いのか(特に前半)考えさせられる一冊
アジアの中の日本を再考察させてくれます

Recommend

シェエラザード〈上〉 (講談社文庫)
シェエラザード〈上〉 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
浅田 次郎
戦時下で考える 人間の尊厳とは? フィクションとは思えない 重厚な歴史小説であり 泣かせる浅田節も さらに読み手を引き込みます

Recommend

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
闇の子供たち (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
梁 石日
出口の無い物語 しかし アジアの何処かの国の 物語・・・と言っても 実際日本も戦時中に 同じような事をしていたのでは?

Recommend

新しい天体 (光文社文庫)
新しい天体 (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
40年前の日本にタイムスリップ

食を通して 政治・人・文化を

ブラックユーモアを交え 食べ歩く 開高節 炸裂の一冊

1970以降に 生まれた方必見です

Recommend

聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた
聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ―お月さまが教えてくれた (JUGEMレビュー »)
片岡 慎介
ただ 流しておくだけ・・・
BGMとしても 読み物としても 有用な一冊です
月と地球の関係は 読み終わると すっかり 理解出来ますよ!!

Recommend

兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1))
兵士に聞け (小学館文庫 (す7-1)) (小学館文庫 (す7-1)) (JUGEMレビュー »)
杉山 隆男
ここ数年で更に注目度が上がる存在に・・・ 文中の初POK派兵や 奥尻島の災害救護など 兵士からの視点 自衛隊員の本音が 伝わってくる傑作です

Recommend

戦争の克服 (集英社新書)
戦争の克服 (集英社新書) (JUGEMレビュー »)
阿部 浩己,森巣 博,鵜飼 哲
追米が これからの 日本にもたらす物・・・
戦争と言う行為の 意味を
しっかり 考える事の出来る
お勧め本です
怪人モリス氏 敬愛します

Recommend

非国民
非国民 (JUGEMレビュー »)
森巣 博
人は落ちこぼれる・・そんな嘆きを聞いた事があるが 「一体何から?」 何処から
落ちこぼれたのか? しがみついている物を 一度整理してみては? この本は 「非」では ない 国民が主人公となってます

Recommend

ベトナム戦記 (朝日文庫)
ベトナム戦記 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
開高 健
独特の視点 食や小物に関してのウイット そして この人の視点からの ベトナム
脱日本人的なスタイルでありながら 正統派でもある 作者を愛してます

Recommend

人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉
人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉 (JUGEMレビュー »)
ジム ロジャーズ
世界を2周回った後 娘を授かった天才投資家
彼の視点は 全てのファンダメンタルに基づいており この先の動向を見据える為にも
読んでおきたい一冊です

「WHY」 静寂の音に導かれて・・・

私の本棚

Search

Entry

Comment

  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    渡辺一連 (03/08)
  • 待ち侘び続けてやっと・・けれど 最終巻となった 「ネオボーダー3巻」 UNCHAIN蜂須賀Forever 
    b (03/08)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    渡辺一連 (04/15)
  • やはり切られたか・・・・・越境者的ニッポン 森巣博 突然の最終巻「クーリエ・ジャポン」
    たけし (04/15)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    渡辺一連 (12/31)
  • 明日からいよいよ2年目・・・信じて賭した一年 後半は 魂の為の寺院・身体作り集中
    にに (12/30)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    一連 (02/19)
  • ゴシップジャーナリズムに憂い・・・軽薄なジャーナリスト
    引山ゆきちゃんラーメン (02/19)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    一連 (02/16)
  • 嗚呼 坂本英三・・・・南米も悲しんでいるだろうか?EIZO Sakamoto 追記
    サリー (02/15)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

ジオターゲティング
レビュープラス blogram投票ボタン
ブログパーツ
権利確定月